Appleの主力サプライヤーFoxconnが「iPhone8」の量産を開始した、と中国メディアTechWebが報じています。9月の発売に向けて、早めの本格生産を開始した模様です。5月には、工場従業員の雇用とトレーニングが開始されたと伝えられていました。

Foxconnの郭会長が工場を訪問

報道によると、Foxconnとして知られる鴻海精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)会長が、中国・深圳の工場を訪れて「iPhone8」の量産を開始したことを語ったそうです。
 
Foxconnでの「iPhone8」生産といえば、5月中旬には従業員の雇用とトレーニングが開始されたと言われており、8月頃に量産が開始されると考えられていましたが、早めに量産を開始し、9月の発売に間に合わせる計画と考えられます。

「iPhone8」の9月発売に間に合わせる考えか

「iPhone8」は、有機EL(OLED)ディスプレイにTouch IDあるいは3Dセンサーを埋め込む技術的な問題のため、量産開始が遅れ、入荷は年末頃になると予測されていましたが、各サプライヤーの生産は予定どおり進んでいる、とも報じられていました。
 
2014年のiPhone6以来となる大幅なデザイン変更となる「iPhone8」については、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が「現行モデルの販売に影響が出ている」と困惑するほど報道も過熱気味で、期待が高まっています。
 
そのため、「iPhone8」は価格が上昇するにも関わらず人気を集めると予測されており、極度の品薄が続くと考えられています。

 
 
Source:TechWeb
Photo:Twitter
(hato)