テレビコマーシャルで"軟水のおいしいお水"なんて宣伝文句はよく聞きますが、軟水とはどういうものか具体的にご存知ですか?お水の軟水・硬水という言葉は知れど、その違いについて知っている人は意外と少ないもの。知らなくても何ら問題ないですが、知っておいて損はない、お水の硬度の違いについて、そして軟水・硬水とは何なのかについて紹介したいと思います。

お水の硬度の違いとは?

わたしたちがいつも飲んでいるお水には、主にカルシウムイオンやマグネシウムイオンが含まれています。このカルシウムイオンやマグネシウムイオンがお水にどれぐらい含まれているかの指標が硬度とされているのです。厳密に言えば、お水1000ml中に120mg以上のカルシウムイオンやマグネシウムイオンが含まれていれば硬水、120mg未満であれば軟水とされているそうです。つまりカルシウムイオンやマグネシウムイオンといったミネラルが多めに含まれているのが硬水、あまり含まれていないのが軟水というわけですね。とはいえ、この情報でもいまいちイメージがわきづらいこと思います。そこで硬水にはどのような特徴があるか、軟水にはどのような特徴があるのかについて掘り下げていきたいと思います。

硬水のお水の特徴

硬水は地上へと湧き出す前、地層中のミネラル分を吸収してから地上へ出てきます。ヨーロッパや北米などでは水が地層に浸透する期間が長いため、ミネラル分が豊富な硬水が多いといわれています。硬水はミネラルが多く含まれていることもあり、不足しがちなミネラルを手軽に補給できるメリットがあります。ただミネラル分の豊富な硬水は消化器官への刺激が強いため、硬水を飲むことでお腹を下す方も多くいます。口当たりとしてはみなさんの想像どおり、重々しくしっかりとした飲み口が特徴のようです。

軟水のお水の特徴

ヨーロッパや北米に対し、日本では国土の問題で水が地層にあまり浸透せず、ミネラル分の少ない軟水のお水がほとんどだといわれています。わたしたちが普段飲んでいるお水のほとんどが軟水ということです。軟水にはミネラル分があまり含まれていないため、消化器官への刺激も少なく、肌や髪にも優しいといわれています。口当たりはかろやかで非常に飲みやすく感じるのが特徴です。ちなみに軟水のお水も硬水のお水もコンビニやスーパーなどで販売されていますので、両者の口当たりの違いを一度比べてみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部