「ハンドシェイカー EX」
ジャケットイラスト (C)GoHands,Frontier Works,
KADOKAWA/Project-HS

写真拡大

 TOKYO MX、MBSほかで今年1〜3月に放送されたテレビアニメ「ハンドシェイカー」の未放送エピソードとなる、第13話を収録したブルーレイ&DVD「ハンドシェイカーEX」のジャケットイラストとあらすじ、場面写真が公開された。

 同作は、テレビアニメ「K」などを手がけたGoHands、アニメイトグループのFrontier Works、KADOKAWAの3社共同プロジェクトによるオリジナル作品。神の啓示を受けてパートナーとなった相手の手を握ることで、深層心理にあるものを武器として具現化できる「ハンドシェイカー」たちが、異世界「ジグラート」を舞台に、神への挑戦権をめぐり激闘を繰り広げる。

 第13話「Go ago Go」では、生まれながらにしてハンドシェイカーとなってしまった双子の姉妹・コヨリとマユミにまつわる物語が明かされる。ふたりの両親の研究室で働くマキハラとナガオカ、新米研究員のシグレは、戦いの中で傷ついていく双子を案じ、外へと連れ出すが……。同話を収録したブルーレイ&DVDは7月26日に発売予定で、スリーブケース、第13話と新規シナリオを掲載したライナーノーツ、サウンドトラックが付属する。映像特典にはノンテロップオープニング&エンディングを収録し、価格はブルーレイが6000円、DVDが5000円(税抜き)。

 7月26日に発売される、劇中コンビによるデュエットキャラクターソング集「TVアニメ『ハンドシェイカー』キャラクターソングス」のジャケットイラストと収録曲も明らかとなった。タヅナ(CV:斉藤壮馬)とコヨリ(CV:諸星すみれ)、リリ(CV:茅野愛衣)とマサル(CV:村瀬歩)、チヅル(CV:上坂すみれ)とハヤテ(CV:石川界人)のデュエット曲に、コダマ(CV:小松未可子)による劇中歌を加えた全4曲が収録される。価格は1800円(税抜き)。

 さらに、ソニーの聖地巡礼ARアプリ「舞台めぐり」に、同作のコンテンツが追加されることも決定した。物語の舞台となった大阪でAR撮影ができ、タヅナとコヨリの戦いの軌跡を、街を巡りながら楽しむことができる。