「ハリポタ」ファン映画、ワーナーがGOサイン

写真拡大

ハリー・ポッター」のファン達が制作している、ヴォルデモートの若かりし頃を描いた映画作品を、同人気シリーズの製作会社であるワーナー・ブラザースが承認したようだ。

トライアングル・フィルムズは、同シリーズ最大の悪役ヴォルデモート卿を主人公とした作品「ヴォルデモート:オリジンズ・オブ・ザ・エア」を作るべく、クラウドファンディングサイトのキックスターターを利用して制作資金を集めていたが、ワーナーからその資金集めを強制終了させられていたことで、実現の可能性が分からなくなっていた。

しかし今週その作品の予告編(https://www.youtube.com/watch?v=5a1zs9YAvkk)が公開されると、瞬く間にYouTubeでの視聴回数が伸びたことから、ホグワーツ魔法魔術学校の生徒の1人だったトム・マールヴォロ・リドルがどのようにして闇の魔法使いヴォルデモート卿に変貌を遂げたのかを描く同作品の公開について、トライアングルとワーナーが合意に至ったのだという。

同作の監督を務めるジャンマリア・ペッツァト氏は「私たちのクラウドファンディングキャンペーン中に問い合わせをしてきたワーナー・ブラザースと極秘会議を行いました」「ここでお伝えできるのは、ワーナーが私たちに映画制作を許可してくれたということだけです。もちろん利益を得ることはしないという条件の下です」とポリゴンのインタビューにコメントしている。最終的にワーナーはファン制作のこの作品を有料ではなく、オンライン上で無料放映するという形で合意に至ったようだ。

ペッツァト監督は同作品について、ヴォルデモート卿に関するヒントは書籍シリーズにはいくつか登場しているものの、これまで公開されてきた映画ではほとんど描かれてこなかったため、それらについて語りたいのだと話している。