研究部部長の三浦孝典氏とマーケティング部の岡本智充氏

写真拡大 (全2枚)

 中年世代以上なら、その匂いを嗅げばすぐにああ、と名前が浮かぶはず。木クレオソートの放つ独特な刺激的香り。ラッパのマークで知られる大幸薬品の胃腸薬「正露丸」だ。日本に入ってきて百年を超える歴史があり、市場で約5割のシェアを持つ。認知度は9割を超える、まさしく正統的ガリバー。

 盤石に見えるその定番ブランドから、満を持して新製品が発表されたことをご存じだろうか? 4月3日、「正露丸」シリーズの新製品として発表された「正露丸クイックC」。振り返れば「正露丸」が発売されたのは115年も前。糖衣で飲みやすくした「セイロガン糖衣」が登場したのは何と51年前のこと。それ以来の新製品というのだから驚く。

 では今、わざわざ新しい製品を出す狙いとは何なのだろうか? 従来の「正露丸」との違いはどこにあるのか? そのターゲットとは、いったい誰なのだろうか? 常に身近にありよく知っている常備薬だと思い込んできた「正露丸」。しかし、そのルーツについて聞くと、目からウロコが落ちた。何も知らなかったことを知った。そもそもの名前は「忠勇征露丸」。「正」ではなく「征」。“露を征する”つまり日露戦争と深い関係があるというのだ。
 
「外地での戦争では衛生管理が重要な課題となっていました。戦闘よりも病気で死亡する人の数が多かったからです。そのため軍人全員に忠勇征露丸の服用を命じた、という記録(明治三十七八年戦役陸軍衛生史)も残っているんです」と大幸薬品広報部がまずはトリビア的な歴史について教えてくれた。
 
 戦後、その薬の製造販売権を継承した柴田音治郎が1946年大幸薬品を創業し、「製品名も『征』から『正』へと変わりました」。

 では今、51年ぶりに新製品を出した理由とは何なのでしょう?

「クイックCという製品名が示すように一番のポイントはすばやく溶けるという新しい機能にあります」と研究部部長の三浦孝典氏(51)は言う。

「カプセルの中には液体が入っています。カプセルの皮膜はゼラチンですので約6分で全て溶けて胃からすばやく吸収されるというメカニズムです」

 しかし形状は変わっても、主成分は変わりません、と三浦氏は続ける。

「正露丸の有効成分は100年間、一部の生薬を除いてほとんど変更しておりません。ブナやマツの原木を火であぶり乾留した淡黄色透明の『木クレオソート』には、腸の水分をコントロールしたり腸の蠕動(ぜんどう)運動を正常に戻す効能があります。一方で、腸内の善玉菌を殺すことはなく、腸の働きを整えます」

 主成分は変わらないが溶ける時間は大幅に短縮された。糖衣で15分、正露丸はそれ以上かかるというのだから、新製品の「6分」はたしかに素早い。やはり速度が求められる時代のせいでしょうか?

「たしかに、電車の中などで急にお腹が痛くなった時、すぐに効いてほしいというニーズは高まってきていますよね」

 このストレス社会、10代20代は他の世代に比べ「下痢になりやすい」と自覚している比率が高いことが1万2千人を対象にした同社の調査でわかったという。ところが、止瀉薬を飲んだかどうかを聞くと、なんと「10代の約半数が未経験」(2013年)だったのだ。

「ぜひとも10代、20代の方々に伝えたい、というのが弊社の切実な願いです。核家族化などで親子の間で伝承される生活習慣も減ってきています。今後を考えると、我々としても安住しているわけにはいかないのです」

 歴史ある伝統薬・正露丸は、変化していく時代のニーズにいかに対応できるのかそれが懸案であり課題だったのだ。初めて採用したカプセルの形状についても「若い世代への消費者調査から方向性を固めていきました」とマーケティング部岡本智充氏(45)。

「健康食品やサプリメントが浸透し、若い人たちにとってカプセルは親しみ深い形状である、という調査結果が得られました」

「クイックC」という新製品は生活の形と社会の急激な変化の中から必然的に生み出されてきたと言えるだろう。

◆風評被害で企業存亡の危機

 さかのぼれば五千年前、エジプトのミイラ保存のため使用されたという木タール(木クレオソートの原料)。19世紀にはドイツで火傷や湿疹、化膿傷の治療薬として活用され、長崎の出島から日本へと入り、軍医・森林太郎(森鴎外)が使い始めてすでに100年以上が経っている。

 戦後はTVがまだ無い時代に「ラッパのメロディー」、今でいうサウンドロゴを使ってラジオCMを流すなど、ブランド戦略を展開し正露丸は国民的な常備薬に定着した。その有効性は、「経験」を通して認められてきた。しかし、効果についての科学的な解明はどうだったのか?

「実は1980年代までは伝統薬として基準内で製造すればよく、効能についての科学的実証は必要なかったのです」

 しかし、逆風が吹き始めた。1990年代、「正露丸に発がん性があるのではないか」という誤解が広がり、売り上げに影響を落とすように。

「実はクレオソートには木と石炭、2種類がありまして両者は別もの。しかし、コールタールを蒸留した石炭クレオソートと、正露丸の木クレオソートとが混同されて伝わってしまったのです」

 科学的なエビデンスを提示しなければ企業の存続すら脅かしかねない危機だった。

「そこで基礎研究の大幅な推進のため研究棟を新設、木クレオソートの安全性や薬効に関する臨床試験等を徹底して行ったのです。研究員も大幅に増員しました。私もその当時の入社組です」と三浦氏は振り返る。

 その後は効果と安全性に関する多くの論文を世に出した。その結果、1990年代末には米国国家毒性プログラムや米国環境保護庁において木クレオソートは発がん性物質から削除されることになった。2016年、木クレオソートは「化学医薬品」から「生薬」へと分類変更された。

「人類の宝といってもいい伝統薬ですので、今後も未知の効果が発見される可能性がある」(三浦氏)

 今、注目を集めている、寄生虫アニサキス症に対する効果も解明され3年前に特許を取得したばかり。

 長い歴史の中で使われ続け人類に選び取られてきた植物の力。その解明は今もまだ現在進行形だ。そして何よりも、木クレオソートをメインに研究する企業が、世界広しといえども大幸薬品だけ、という点こそ注目すべきだろう。胃腸薬「正露丸クイックC」はより速度感を増していく現代社会の中で、世界中から常備薬として求められヒットする可能性を秘めているのだから。

■文/山下柚実(作家)

※SAPIO2017年7月号