悪の秘密結社代表取締役の笹井浩生氏

写真拡大

 昨年12月、福岡県福岡市のJR博多駅前であるイベントが開催されました。それは、ご当地のゆるキャラが出演する観光PRショー(ヒーローショー)で、企画したのは同県鞍手郡鞍手町と株式会社悪の秘密結社という民間企業でした。

 悪の秘密結社は、ヒーローショーの悪役に特化したイベント会社。鞍手町初のゆるキャラとして誕生したものの、あまり活躍できていない「喜楽総帥」をリプロデュースし、ゆるキャラの新たな活路を見いだすために、このショーを企画したそうです。同イベントでは、日本初となる「町長が悪の秘密結社と戦う」シーンも盛り込まれるなど、盛況を見せました。

 一時期、メディアやイベントに頻繁に登場していたゆるキャラですが、ここ最近はあまり見かけなくなった感が否めません。町おこしなどにも使われるゆるキャラですが、「地方創生」が叫ばれる今、どのように生かしていけばいいのでしょうか。そのヒントを探るべく、悪の秘密結社代表取締役の笹井浩生氏に話を聞きました。

●SNSでは「鞍手町っておもしろい」という投稿も

――まず、昨年12月の観光PRショーの様子や感想などを教えてください。

笹井浩生氏(以下、笹井) 当日はクリスマスイベントも兼ねているということで、お酒や食べ物がたくさん提供されるような場所でした。最初は「大丈夫かな?」と思ったのですが、MCの方にしっかり呼び込んでもらい、音楽が流れ出すと、家族連れをはじめ多くの方に集まっていただきました。

 その後の握手会や撮影会も大盛況で、喜楽総帥、鞍手町長、(地元タレントの)山本華世さん、弊社の「ヤバイ仮面」と戦闘員らと一緒に写真が撮れるということで、みなさんに喜んでいただけたと感じています。

――イベント後の反響や、感じたことを教えてください。

笹井 テレビで放送されたインタビューでは、地元の方が「鞍手町がこんな取り組みをしていることを知らなかった」と答えていましたが、多くの人に知ってもらうことができたことは良かったと思います。町長をはじめ、関係者の方々に全面的にご協力いただけたことが成功の要因だと思っています。

――町長のファンも増えたのでは?

笹井 当日、一番盛り上がったのは町長の登場シーンで、かなりウケていました。その後、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でイベントの反響などを調査したのですが「鞍手町っておもしろい」という投稿がいくつも確認できました。

――今回、鞍手町と一緒にショーを行うことになった経緯やきっかけを教えてください。

笹井 鞍手町には廃校になった中学校があるのですが、現在はアニメやコスプレに特化したインキュベーション施設として再利用されています。人的なご縁で、その施設に入居させていただいたことが大きなきっかけでした。

●イケてるゆるキャラ、イケてないゆるキャラ

――ヒーローショーが開催される前の喜楽総帥は、どのような状態だったのでしょうか?

笹井 鞍手町の商工会のキャラクターとして数年前に誕生したのですが、ネットで画像検索をしても数枚しか出てこない。つまり、ほぼ世に出ていない、みなさんに知られていない状態でした。

――認知すらされていなかったわけですね。ほかのゆるキャラたちの現状については、ご存じでしょうか?

笹井 最近ニュースで見たのですが、“クビ”になるゆるキャラも出始めているようです。「勝ち組」と「負け組」が明確に分かれてきているのが、ゆるキャラたちの現状なのではないでしょうか。

――「イケてる」「イケてない」など、ゆるキャラについての持論があれば教えてください。

笹井 行政側が「このゆるキャラを売り込む」と決めて、後先を考えて動いている場合はイケてます。逆にイケてないのは、着地点のないゆるキャラです。着地点があるかどうかで、そのゆるキャラの運命は決まる気がします。

――喜楽総帥の再生をきっかけに、ほかのゆるキャラに関する相談が持ち込まれることなどはありますか?

笹井 近郊の自治体から、お話をいただいています。

●なぜ悪役に特化?「悪の秘密結社」誕生秘話

――ヒーローショーの定期公演など、この事業を始めようと思ったきっかけについて教えてください。

笹井 高校時代から、ヒーローショーのアルバイトをしていました。その後、時計店や広告代理店に勤務したのですが、どうしてもヒーローショーのことが頭から離れず、時計店勤務時代は「ウォッチマン」というヒーローを非公認でつくるなど、どの職に就いてもヒーローショーとつなげてしまっていました。そして、「ヒーローショーをやらない僕の人生なんて、意味がないんじゃないか」と思ったのです。

――悪役に特化した悪の秘密結社を立ち上げたのは、なぜですか?

笹井 正義の味方やヒーローを演じるほうが、共感を得やすいし、楽しいし、素敵だと思います。しかし、前職の影響から、「世の中になく、余っていて、無駄になっているものは何か」を考えた結果、「悪」のカテゴリ、つまり悪役に特化しようと決めました。

 また、幼少期に実の父親と生活を共にすることがなかったため、男性の大きな背中を見て育ったり、目を見て語られたりといった経験がありません。今思えば、ヒーローに父親の代わりを求めた瞬間から、ヒーローが好きになったのだと思います。

 子どもたちにとっての本質的なヒーローは両親だと思いますが、それはアイドルや上司でもよくて、「人の数だけヒーローがいる」と考えるようになりました。「そんな世の中の人たちに、ヒーローを体現したい」「そのためには悪役が必要なのでは」と考えたのです。また、ヒーローショーのノウハウを持っていたので、それを「世の中に広めるためのテクニックとして使おう」と考えました。

●悪役だが、ゆるキャラを生かすヒーローになりたい

――今後のゆるキャラの再生について、お考えがあれば教えてください。

笹井 ゆるキャラは、次のステージに行くべき時期に来ていると思います。

――「次のステージ」と言いますと?

笹井 たとえば、地元の子どもたちが「その自治体のゆるキャラが、何を伝えたいのか」を知るタイミングに来ているということです。ゆるキャラはモチーフや伝えたいことがあるからこそ、つくられているはずです。それを、ショーや物語を通じて子どもたちに、PRであれば県外の方々に伝えていかなければ、その存在価値を十分に発揮できているとはいえないでしょう。

 悪の秘密結社の役割は、そのサポートを担うことです。ショーでは、ゆるキャラと対峙する悪役ですが、実際はゆるキャラを生かすヒーローでありたいと思っています。

――ありがとうございました。
(構成=石盛丈博/株式会社フォークラス・ライター)