束縛しない」と言っているくせに、いざ男友達と遊びに行くと彼氏が不機嫌になることって、時々あるのではないでしょうか。男子は女子より嫉妬深い生き物かも? 今回は、束縛しがちな彼の本音に迫りたいと思います。


じつは彼女のことを疑っている


言うまでもないことかもしれませんが、束縛しないと言いつつ不機嫌になる男子って、彼女のことを疑っています。「他の男子と遊びに行くってさ、それ浮気じゃないよね?」と思っているということです。

彼との関係を見つめ直して
相手に何をされたら不快に感じるかというのは、人それぞれです。誰といつどこに遊びに行こうと、「どうぞご自由に! 楽しんできてね」と言う彼氏もいます。反対に怒る男子もいます。

“怒り”という、抱えたら自分が不快になる感情を抱えて「超気持ちいい」と思う人なんていないので、怒る男子って、きっと怒っている自分が嫌いなはずです。なので、自分のことが好きな男子と付き合うといいのでは? つまり、浮気を疑うような男子と交際していても(自分が嫌いな彼と一緒にいても)、あなたはあまり良い思いができないのではないかと思うのです。

固定概念にしばられている



たとえば同棲カップル(もしくは夫婦)で、彼女(奥さん)が彼氏(旦那)を置いて遊びに行きました。家に帰ってきた彼女(奥さん)に対して、彼氏(旦那)が「誰とどこに遊びに行ってたんだ? ご飯はまだか? 掃除ができてない!」と怒るというのは、わりとよく聞く話です。

この手の話は、男子が“家事は女性が行うもの”という固定観念にどっぷりハマってしまっているからおこります。夫婦の場合、奥さんは旦那を置いて遊びに行ってはいけないもの、という昭和の発想をしていることもあります。

考え方は、生れ育った環境によって違う
こういう考え方って、平成生まれの男子であっても持っている人は持っています。自分が生まれ育った家庭の空気を一身に吸って誰しも大人になるので、そういう家庭で生まれ育てば、簡単に男尊女卑的な思想を持つ子どもができます。
こういう彼氏をお持ちの彼女はどうしましょうか? 人の思想なんてそう簡単に変わらないので、「どうすればいいのか、ご自身で考えてみてください」と言うしかありません。あるいは、映画『美女と野獣』のように、愛の力は無限だからとカップルでもっと愛しあえば、彼は改心し、男女平等思想を持つようになるのでしょうか。

あなたに原因があるのかも



男子のことを少し悪く書きすぎたかもしれません。最後に男子にとって聞こえのいいことも書いておきましょう。

束縛しないと言いつつ、他の男子と遊んで来たことに対して不機嫌になる彼は、もしかしたらごく普通の態度をとっているだけであって、あなたに問題があるかもしれません。
たとえば、浮気の前科がある彼女をお持ちの彼氏は、当然のように彼女の浮気を疑います。前科がまったくない女子だっているかもしれませんね。でもそういう女子であっても、浮気を全くしたことがないと胸を張って言えないことだってあるでしょう。つまり、気持ちが揺れたら浮気だと定義すれば、「彼氏がいるときに、心が揺れ動いたことは絶対にありません」と言い切れますか? ということです。

いかがでしょうか。
おそらく男子って、女子よりも嫉妬深い生き物だろうと思います。なぜなら、女子は何かあれば人生をまっさらな状態にリセットすることができます。たとえば彼氏のことが嫌いになって嫉妬して別れた場合、つぎの彼氏と新しい人生のステージに立つことも可能だからです。

でも男子は、物理的に人生をリセットできるチャンスにほとんど恵まれません。なので、ずっと過去の感情にとらわれ続けます。よほど理知的に感情をコントロールすることを意識しない限り、ずっと過去のことを覚えています。
男子の方が嫉妬深い生き物だという視点で彼のことを見たら、あなたの心にまた違った感情が生まれてくるのではないでしょうか。
(ひとみしょう/studio woofoo)