張本智和【写真:Getty Images】

写真拡大

大会史上最年少の8強進出、怪物を強くした“一つの敗戦”…国際卓球連盟が特集

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は3日、男子シングルス4回戦で史上最年少で日本代表に選ばれた13歳の怪物・張本智和(エリートアカデミー)が世界ランキング156位のルボミール・ピシュティ(スロバキア)に4-1で完勝した。大会史上最年少で準々決勝進出を決め、メダルに王手。驚異的な成長を見せる裏には、半年前の“屈辱”があったという。国際卓球連盟(ITTF)公式サイトが報じている。

 日本が誇る天才少年がまた一つ、世界の階段を上った。張本がトップ8をかけた戦いでも臆することなく、実力を発揮。強心臓の13歳は「チョレイ!」を何度も響き渡らせた。

「これまでの試合通りにプレーしようとしました。自分のプレーをすることを心がけるだけ。1試合1試合、考えるようにしています」

 ピシュティを圧勝で下し、メダルに王手をかけた張本は殊勝に、こう語ったという。

 2回戦で日本のエースのリオ五輪銅メダル・水谷隼から大金星を挙げた次代のエースは、この日も強かった。

 第1ゲームは序盤リードを許したが、デュースの末に12-10で先取。そこから、怒涛の勢いで2ゲーム連取した。第4ゲームこそ失ったが、流れを相手に渡すことなく、第5ゲームを11-9。己の実力で、8強をたぐり寄せた。

国内大会では不振…半年前、日本選手権4回戦で苦杯「負けたので、もっと練習を」

 記事では、張本の今季の戦いぶりを振り返り、急成長の裏にあった“屈辱”を伝えている。

 日本の国内大会で不振だったと指摘。世界の舞台で躍動する張本は、わずか半年前の1月、日本選手権のシングルス4回戦で平野友樹(協和発酵キリン)にストレート負けを喫していた。

「ハリモトの国内でのパフォーマンスはそこまでホットではなかった。今年、序盤の日本選手権では驚きの敗北を喫した。今、世界のステージでは自分のパフォーマンスを上げている」と記し、国内での屈辱から研鑽を積んだことを紹介している。

「負けたので、もっともっと練習をしてきました。この大会では自分のベストを出すことができています」

 こう語り、悔しさバネに成長したという13歳は、国際卓球連盟(ITTF)によると、大会史上最年少の8強進出。4日の準々決勝に勝てば、同じく大会史上最年少のメダルが確定する。

 一つの敗戦から強くなった張本。快進撃にも謙虚な気持ちを忘れない少年は、さらなる旋風の予感を漂わせている。