全仏オープンテニス、男子シングルス3回戦。リターンを打つ錦織圭(2017年6月3日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】全仏オープンテニス(French Open 2017)は3日、男子シングルス3回戦が行われ、大会第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)とチョン・ヘヨン(Hyeon Chung、韓国)の一戦は雨天中断後、順延となった。

 大会主催者は「雨天のためこの日の全試合をサスペンデッドとする。試合は日曜日(4日)に再開となる」と、ツイッター(Twitter)に投稿した。

 錦織戦を含む6試合は現地時間3日午後5時5分(日本時間4日午前0時5分)に中断すると、その2時間後に順延が決まった。

 このサスペンデッドは、錦織にとっては恵みの雨となった。

 錦織はセットカウント2-1とリードを奪っているものの、迎えた第4セットはチョンに2度のブレークを許し、ゲームカウントを0-3とされている。
【翻訳編集】AFPBB News