ガイアナと日本のハーフ美女、牧野紗弓。現在はフジテレビ系「アウト×デラックス」でカウンターガール候補生として出演し、大人気を博している。そんな彼女が、初めてとなるグラビアDVD『初めまして、ガイアナから来ました。』(イーネット・フロンティア)を発売した。

牧野にとって、今作が初めてのグラビア作品。自分の写真が写ったDVDを手にしながら「もちろん見ましたが、自分が自分じゃないみたいで恥ずかしかったです」と照れ笑いを浮かべつつも、初めて訪れたというロケ地のサイパンに「今年は海外でロケをすることが目標だったので、それが1月に達成できてうれしかったです」と満足げだった。

内容については「私がメイド役になり、ご主人様の妄想をシーンごとに演じました」と説明しながら、「表紙のも載っているオレンジビキニのシーンはビーチで撮影しました。サイパンの海がキレイすぎて、撮影そっちの気ではしゃぎ過ぎちゃいました(笑)」と苦笑い。気になるセクシーなシーンを「ご主人様との主従の関係を乗り越え、彼氏と彼女になるベッドのシーンで、黒い下着を着ました。その黒い下着姿でお尻を突き上げるポーズがものすごく恥ずかしくて、顔が真っ赤になっちゃいましたね(笑)」と赤面しながらもアピールに余年がなかった。

初めてのグラビア作品にもかかわらず「点数をつけるとしたら120点!」と自画自賛で、その理由を「初めての海外ロケで訪れたサイパンがとにかく楽しかったし、カワイイ衣装や水着をいっぱい着れました。それにDVDを出せたことがとにかく嬉しかったんです!」と嬉しそうに説明。早くも次回作に意欲的で「ハーフなんですけど、結構和服が似合うって言われるので巫女さんの衣装とか着てみたいですね。それとロケ地はガイアナ!」と具体的なシーンや父親の出身国でもある南米の地をあげて関係者に訴える場面も。

また、牧野といえば、「アウト×デラックス」で「言葉でいじめられるのが好き!」とドM発言が飛び出して話題を集めたが、「今作はどちらかと言うと、女王様的な感じもするので、次回作はドMな要素のDVDにしたいですね。「めっちゃブス!」とか言われてみたいかも(笑)。拘束とかもされたことがないので、やってみたいですよ」と報道陣を驚かせた。

なお、牧野は現在放送中の「アウト×デラックス」に出演しているほか、6月24日に東京・練馬のとしまえんプールで開催される「ビジュアルクイーン撮影会 in としまえん」に出演予定だ。