自分大好きで成長の要素ナシ!?“恋愛体質”な女性にありがちな5つの共通点

写真拡大

かわいいし性格も悪くない、コンパでもよくモテる…それなのになぜか幸せそうじゃない女の子っていませんか?

彼氏がコロコロ変わっている、付き合っても長く続かない、浮気している(もしくは浮気されている)など、なにかしら問題を抱えている女性がいたら、その女性は恋愛体質なのかもしれません。

恋愛体質な女性に、恋愛で幸せになっていない女性が多いのはなぜか?
その理由を探ってきましょう。

●(1)他人に依存しがち

『愛してるという言葉を免罪符にただ相手にもたれかかってるだけ』(32歳/営業)

恋愛体質な女性に共通しているのが、他人に依存しがちな性格です。
これといった趣味がなく、自分ひとりで時間を過ごすのが苦手で、ひとりの時間に寂しさを感じてしまいます。
人と過ごしていることで心が満たされ、何をして過ごすのか、その内容は何でもいいようです。

その傾向は好きな人や彼氏ができたときに顕著です。
「とにかく好きな人と一緒にいる」こと自体が生きる目的 となり、男性から会おうと言われればすぐに飛んでいきます。
いつ声がかかってもとんで行けるように予定を入れない人もいるくらい。

彼氏からしてみたら、自分が好かれていることに満足しきってしまい、彼女に少しずつ魅力を感じなくなってしまいます。
いつでも来る彼女、自分のことが好きすぎる彼女、趣味を持たない彼女、自分といるとき以外、イキイキしていない彼女…彼氏にはいつの間にか重荷になってくるでしょう。
突然彼氏にふられたりなんかしたら、次のターゲットがみつかるまで精気が抜けた日々 です。

ターゲットがいない間だけ女友達に会い、彼氏ができたら女友達との連絡は途絶える…。
こんな女性、同性からみて輝いてみえるでしょうか。

●(2)成長しない

『友達に恋愛体質の子がいます。何回もアドバイスしてきたけどいつも同じことの繰り返しで成長しないのでもう言うのを辞めました』(27歳/IT)

恋愛体質な女性は、感情のままに行動します。
仕事中、友達との会話ではデキる女性でも、こと恋愛に関しては周りが見えなくなり、冷静さを失います。
いつも感情で動くため、失敗を分析などすることはありません。

たとえ分析してそのときはわかった気持ちでいても、恋愛にのめり込むと、また感情で判断し行動するようになります。
すべての行動理由が「彼を好きだから」「彼と一緒にいたいから」。
恋愛をするのにこれ以外何が必要なの?とでも言ってしまう勢いです。

人の性格がなかなか変わらないのと同じで、この姿勢は何度恋愛をしても変わらず成長することがありません 、恋愛においては。
仕事ではどんどん成長するのに、恋愛体質な女性の感情には不思議な力があるようですね。

●(3)自分大好き

『僕のためと言っておきながら結局は自分の欲求を満たしてるだけなんです』(29歳/コンサル)

「彼のことが大好き」「彼のために何だってできる」「彼へのやさしさ」。
それって、本当に彼のためなのでしょうか。
「彼のことが大好きな自分が好き」「彼のために何だってできる自分が好き」「彼へのやさしさを持つ自分が好き」に置き換えることができないでしょうか。

本当に彼のことを思うなら、仕事で悩み一人になりたい彼に会いに行ったりしません。
悩んでる彼をなぐさめたいから会いに行く、私なら彼の癒しになってあげられる。

本人は彼を思っているつもりでも、彼が今どんな気持ちなのかなんて考えられておらず、結局は自分の気持ちの押し付け になっています。
まさに、「恋愛している自分に酔っている」状態です。

これでは彼にとって安らげる相手になるはずもありません。
ラブラブだったカップルにも、比較的早く終わりが訪れるのです。