シモビッチのゴールで先制しながらも、悔しい逆転負けを喫した。(C)J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大 (全2枚)

 [J2リーグ17節]名古屋2-3金沢/6月3日/豊田ス

 絵に描いたようなアップセットの顛末となった名古屋と金沢の対戦の敗因を、どこに求めるかは難しい。楢崎正剛の軽率なミスが発端と言うこともできれば、酒井隆介のお粗末な対応が、と彼を戦犯にすることもできるだろう。

 しかし和泉竜司が「ミスからの失点はしてはいけないけど、そこをどうこう言っても仕方ない」という言葉のほうが、チームワークとしてはより健全だと思う。ミスはした本人が一番責任を感じているし、覚悟もしている。そもそも、この2-3の逆転負けはやはり、チームがそう仕向けてしまったところがあるからだ。
 
 前半は今季最高と言ってもよいほどに相手とボールをコントロールし、まさに“支配した”という展開に持ち込んだ。だが、好事魔多しとでも言うべき落とし穴は、時間経過とともに徐々にその大きさを拡げていた。
 
 開始2分でGKとの1対1を外した青木亮太しかり、30分の決定機を枠に飛ばせなかった杉森考起しかり、決まり文句と化してきた「最後の精度」がとにかく上がっていかない。前半に放った9本のシュートのうち、ゴールに突き刺さったのはシモビッチのゴールただひとつである。
 
 金沢は4本しかシュートを記録できなかったが、決定機としては4度あり、それ以外の場面と言える楢崎のキックを佐藤洸一がカットする形で、同点に追いついている。和泉は「前半のうちに2-0、3-0にできた試合だった」と唇をかむ。試合開始から裏への放り込みとシンプルなカウンターという戦術を金沢が貫き続けたことを思えば、やはりシュートに持ち込む精度は劣勢の遠因だったと言えるだろう。
 
 嫌な時間に追いつかれ、勝ち越しと勝利を過度に意識した名古屋は後半のプレーバランスを崩してしまい、自らさらなる劣勢を呼び込む。
 
 前半の展開が心に余裕を生んだか、立ち上がりには雑なプレーが散見され、その隙を突かれるようにして失点。2失点目は酒井のクリアミスが直接の原因ではあるものの、チーム全体がかなり前がかりにバランスを傾けていたことを見逃してはいけない。櫛引一紀は「あの場面は僕が残ってしまっていた」と話しており、攻撃から守備への切り替えの意識に、希薄な部分があったのは間違いない。
 その後、途中出場の杉本竜士の得点によって同点に追いつきはしたものの、その杉本も「焦っていたところはある。自分の仕掛けにしてもゴールに直結する形ばかりで、相手を焦らすというか、中の人数を増やしてからでも良かった」と、攻め急ぐ流れにしてしまったことを悔やんでいた。そして「カウンターのことを考えてシュートで終わるといってもね」と切り出し、状況判断の難しさについて解説する。
 
「どのタイミングでシュートに行くのかが難しい。慎重に行くからあそこまでボールを持てていると思うし、遠目からのシュートも慎重にいきたくなるものだから。なかなか『シュートで終わりましょう』で済む話でもないと思いますけどね、あの時間帯なら特に。前半開始15分で、シュートで終わりましょうというのは簡単なことです。入っちゃえば1点、だし。

 でもあの時間帯にミドルを打つのも間違いなく大事で、そこに対して100パーセント自信を持っている選手が振り抜けばいい。大事にいっちゃうというのは日本人の特徴でもあるけど、自分はあの時間帯でも振り抜けるような選手になりたいですよ」
 
 この試合に限れば、大事にプレーした結果が後半の5本という少ないシュート数であり、また攻撃の終わりがことごとく相手のカウンターにつながる流れだった。金沢の佐藤は前半から高さで名古屋のセンターバックを圧倒しており、そうなればDFとしては放り込みに対して身体をぶつけに行かざるを得ない。そこを入れ替わられての3失点目は、チームが前半の出来の良さに甘え、潜在的な問題に対処することを忘れていたツケでもある。
 
 ミスは反省すべきで直接の敗因たる要素ではあった。だが、それだけで済ませば名古屋は同じことを繰り返すだろう。それを理解するふたりのリュウジは、決然として語る。
 
「こんな経験をもうしないように、トレーニングをしていくしかないです。まだまだ本気で自分たちが取り組めば、変わっていける。もう1回、全員でしっかり取り組んで、高いレベルを目指していくしかない」(和泉竜司)
 
「チームが勝ってナンボだし、自分が途中から入って勝てれば、自分が何もしてなくても、ピッチのどこかで働いているわけだからいい。でも負けちゃったら元も子もない。そこは良い教訓になればなと思う。これでシーズンが終わるわけでもないから、切り替えていきます」(杉本竜士)
 
 次節から上位対決が続く名古屋だけに、これを教訓とできなければその先には背筋の凍る結果が待っている。19位に敗れての首位陥落を高い授業料だったと思えるようなしたたかさを、次節は表現しなければならない。
 
取材・文:今井雄一朗(フリーライター)