広州周大福金融中心の外観(写真:日立製作所社発表資料より)

写真拡大

 日立製作所は2日、中国広州市の超高層複合ビル「広州周大福金融中心」向けに納入する超高速エレベーターの速度試験で、分速1,260メートルを計測したと発表した。日立によると、2017年6月現在稼働しているエレベーターとしては、世界最高速に相当するスピードという。分速1,260メートルは、時速に換算すれば75.6kmとなる。

【昨年には】三菱電機、世界最高速のエレベーター技術を開発―中国の最高層ビルに導入

 納入予定のエレベーターは、定格速度である分速1,200メートルでの走行について5月に実証実験を行い、その際に分速1,260メートルを達成したという。エレベーターの公的認証機関である国家電梯質量監督検験中心(広東)から正式な速度認定を受けている。「広州周大福金融中心」では、分速1,200メートルでの運転となるが、日立はさらなる高速化を追求する方針だ。

 今回の世界最速エレベーターのために、大出力と薄型化を両立した永久磁石モーターや、超高速走行を支えるため、耐熱性に優れた制動材を採用したブレーキ装置も開発したという。また軽量化にも力を入れ、巻き上げ機や調速機など、安全性を強化しつつ小型化・省スペース化を実現した。快適性も重視し、振動を減らすアクティブガイドローラーを設置、独自の気圧制御方式によって耳閉感を緩和する。

 エレベーター業界では、世界最速を巡って日立製作所のほか、三菱電機と東芝エレベーターの3社が熾烈な競争をしている。2016年12月9日には、三菱電機が中国の「上海中心大厦」に納入したエレベーターが、分速1,230メートルで世界最速エレベーターとしてギネス世界記録に認定されている。それまでに稼働中のエレベーターとして世界最速は、東芝の「台北101」の分速1,010メートルだった。

 3社は国内では高いシェアを持つが、世界的にはオーチスエレベータ―やシンドラー、コネなどがシェア上位を占める。中国など世界的に高層ビルの需要は増加傾向にある。日本メーカーの技術力を生かし、超高速かつ安全性や快適性の高いエレベーターの開発によって、世界での受注拡大を狙う。