【詳細】他の写真はこちら

格安スマホ――。何と魅力的な名前でしょうか? 格安ですよ、格安。安くなるなら誰だって乗り換えたくなるはず………。でも、どうしてだか、「手続きが面倒くさい? つながるの? そもそもどこがいいのかわからないよ!」という声を聞く機会が、最近明らかに増えてきています。そこで今回は、格安スマホデビューを考えている人に向けて、「乗り換えるための3つのポイント」として、複雑なサービスや料金体系を超シンプルにまとめてみました。

格安スマホを知るキーワード



なぜ格安スマホは、大手キャリアと比べて安いのか。

その秘密を知るには、「MVNO」「SIMカード」「SIMフリー」という3つのキーワードとなる言葉を知っておく必要がある。どれも耳にしたことがある言葉かもしれないが、格安スマホへの乗り換えを検討する前に、今一度意味などを確認しておきたい。

「MVNO」は格安スマホが、安くなる仕組みを知るために押さえておきたいキーワード。そして大手キャリアと格安スマホ会社がどのように関係しているかを知ると、格安の意味も理解しやすくなるだろう。また「SIMカード」「SIMフリー」は、格安スマホの使い方に関わる言葉なので、プラン選びや契約に必要となる。

これまで大手キャリアでは、この3つのキーワードを意識せずともスマホが使えていたが、格安スマホを選び、使うために知っておいて損はないだろう。

MVNO

MVNOは、「Mobile Virtual Network Operator」の略。日本語だと「仮想移動体通信事業者」となる。自社の通信回線を持たず、大手3キャリアの通信回線や基地局を借りてサービスを行うため「バーチャル」なのだ。ちなみに通信回線や基地局を提供するNTTドコモ・au・ソフトバンクは、MNO(Mobile Network Operator)、「移動体通信事業者」と呼ぶ。



SIMカード

電話番号や固有IDなどユーザー情報などが記録されたICカードのこと。このカードをスマホに挿すことで、通話やデータ通信を行えるようになる。また、SIMカードには、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」3種類のサイズがある。発売年やキャリア、スマホ製造メーカーごとに使用するスマホによって対応サイズが異なるので、購入時に必ずチェックしておこう。



SIMフリー

大手キャリアで購入したスマホは、他社のSIMカードが使えない、いわゆる「SIMロック」がかかっている。それに対してキャリアはもちろん、格安スマホ会社が提供するSIMカードを自由に使えるようロックが解除されたスマホを「SIMフリー(スマホ)」という。現在は、キャリアのスマホも購入から半年以上経過していればロック解除が可能なっている。



▲SIMフリースマホ「ZenFone3」。見た目では判断できないが、多くの格安スマホ会社が取り扱っている。

格安スマホの通信費が安くなる仕組み



格安スマホの「安さの仕組み」は3つある。

1つめは先に紹介した「MVNO」の登場。大手キャリアの通信設備を利用することで、初期投資から設備の維持費などのコストを削減した。

2つめは、音声通話とデータ通信の関係。大手キャリアで月額料金を圧迫していた通話料をオプションにしたこと。データ定額は自分に合った容量を選べるようにし、コスト面の自由さを実現している。

3つめは、スマホ本体価格の安さだ。低スペック、低価格のスマホを選べるようになったことで、毎月の支払いを抑えることが実現。ほかにも今まで使っていたスマホのSIMロックを解除する、中古のSIMフリースマホを購入するなど、本体にかかるコストをユーザー側で自由に選べるようになったことも大きい。

この3つのしくみを詳しく見ていこう。

安さの仕組み、その1

大手キャリアの設備を使って安く

大手キャリアの通信網や基地局を借りてサービスを提供するMVNOにより、初期費用や維持費などを大幅削減。また、キャリアでは当たり前だった独自スマホの開発や独自コンテンツの提供、対面販売する実店舗なども最小限に抑えることで、開発や人件費にかかるコストを大幅に削減している。そのためキャリアでは成し得なかった、驚くほどの低価格でサービス提供を実現できたのだ。ただ今後は、格安スマホ会社同士の競争により、店舗などが増えていく可能性もある。



安さの仕組み、その2

通話あるなしが自由に選べる

格安スマホを購入する人は、大きく2パターン。まず、通話もデータも少ししか使わない人。今でもケータイでもいいと思っている人も含まれる。しかし、最低金額のプランを選んでも月額5000円を切ることはない。もう1つは、大容量のデータ通信を利用したい人。キャリアのデータ定額プランを組み合わせれば、あっという間に1万円近くなる。格安スマホなら通話機能なしも選べるので、自分に合ったプランを見つけやすい。



安さの仕組み、その3

手持ちのスマホをSIMロック解除

格安スマホの低価格を実現しているのは、通話・通信プランだけではない。キャリアで購入した場合、24ヵ月分割でスマホ本体代金を支払っているが、5万円以上を分割しているケースがほとんど。格安スマホでは、1~2万円台のスマホが選べるので月額の支払いを抑えることができる。また、今までキャリアで使っていたスマホのSIMロックを解除すれば本体代金はかからない。対応スマホの中心は、2015年以降に発売されたものとなるが、今後増えていくので要チェックだ。



▲各キャリアのSIMロック解除対応。

文/松田政紀

※『デジモノステーション』2017年6月号より抜粋