コストパフォーマンスの高いdocomoのミッドハイレンジスマホ「Galaxy Feel SC-04J」を写真と動画でチェック!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルハイレンジクラスのAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J(以下、SC-04J)」(サムスン電子製)を発表しました。

発売時期は2017年6月中旬を予定しており、すでにらドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されています。毎月の利用料からずっと1,500円が割り引かれる新料金施策「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が36,288円(1,512円/月×24回)。

今回、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてSC-04Jを触る機会がありましたので、写真と動画でレポートをお送りいたします。なお、詳細な製品情報については「NTTドコモ、4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発表!防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグ、指紋認証、VoLTEに対応したバランスの良いモデルで、6月中旬発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。



SC-04Jのカラーバリエーションは全部で3色で、Moon WhiteおよびIndigo Black、Opal Pinkが用意されており、メインカラーはMoon Whiteです。ディスプレイのベゼルも特定の黒や白ではなく、本体色と同一にまとめられています。


約4.7インチの有機ELディスプレイを搭載し、発色はかなり鮮やか。従来のGalaxyシリーズ同様に、指紋センサーを兼ねたクリック感のあるホームキーと、その左右にはタッチセンサー式の「戻る」および「アプリ履歴」のナビゲーションキーが搭載されています。

エッジ部分がなだらかにカーブした2.5Dラウンドガラスを採用しているため、今回発表された新機種のラインナップの中ではdocomo withに対応して本体価格が3万円台半ばと安価な扱いとなりますが、質感はかなり高くなっています。


SC-04Jの背面パネルは前面と同じくガラスを採用。これはGalaxyシリーズのフラッグシップモデル「Galaxy S6」シリーズ以降と同じで、廉価機種の場合にはアクリルパネルなどを採用することが多いと考えると、SC-04Jは質感の高さは安価モデルとしては頭ひとつ抜き出ています。

また見た目はもちろんのこと、手にしたときのフィット感は少し前のハイエンド機にも負けず劣らずで非常に持ちやすいです。FeliCaマークはカメラの左横にあり、手に持った際に上端側をかざす自然な形でおサイフケータイを利用できるのは使い勝手のいい部分と言えるでしょう。



本体周囲はアルミ製のフレーム。表裏のガラスとあわせ、このあたりも廉価機種とは思わせない質感の高さになっています。主要なインターフェイスはすべて下側に集中しており、左から3.5mmイヤホンジャックおよびmicroUSB端子、マイク、スピーカーと並んでいます。

充電端子がmicroUSBなので、2年前、またはそれ以上前から長期間に渡って同一機種を使っているユーザーの場合、ACアダプターを継続して利用できるのはdocomo with対象機種として評価できます。

本体上側はSIMカードスロットのみで、SIMカードサイズはnanoSIMカード(4FF)。microSDXCカード(最大256GBまで)と一緒に、SIMトレイで挿入するタイプです。



本体左側には電源/スリープキー、右側には音量上下キーが配置されています。手に持った際に触れる部分はアルミフレームが削り込まれ持ちやすくなっています。このあたりの意匠はGalaxy S6にかなり似ています。


外観については、ここまでにご紹介した通り廉価版の機種とは思えない質感ですが、肝心の中身についてもかなり高性能・高機能になっています。

防水や防塵、ワンセグへの対応はもちろんのこと、約4.7インチのコンパクトなボディーに3000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、タッチ&トライコーナーでも電池持ちの良さのアピールが目立っていました。

3000mAhのバッテリー容量は上位機種である「Galaxy S8 SC-02J」と同じと言えば、どれだけバッテリーが大容量で、電池持ちに自信のある機種かというのもわかるでしょう。





docomo withの対象機種として廉価機種の位置づけのGalaxy Feel SC-04Jですが、機能・スペック・外観、どれをとっても「安く済ませるため」とは思えない完成度になっています。

同一機種を2年以上使い続ける場合、毎月の料金がお得になるdocomo withだからこそ、妥協のない完成度の高い機種が用意されているのは嬉しいですね。しばらくぶりの機種の買い替えとなるユーザーであれば、迷わず選択して欲しい1台です。

最後に実際にGalaxy Feel SC-04Jを操作しているところや外観について動画で紹介しておきます。docomo withに加入するために購入するのを含めてとてもコストパフォーマンスの高い製品となっています。

【S-MAX:サムスン電子製スマホ「Galaxy Feel SC-04J」ファーストインプレッション】

動画リンク:https://youtu.be/ZZbexsTejsA



記事執筆:黒ぽん(迎 悟)


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy Feel SC-04J 関連記事一覧 - S-MAX