4打差から逆転を狙う小平智(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 3日目◇3日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,384ヤード・パー71)>
ここ宍戸は13年に初優勝を挙げた思い出の場所。開幕前に「成長した姿を見せたい」と話していた小平智はこの日スコアを2つ伸ばしトータル3アンダー8位タイに浮上。首位とは4打差と逆転の可能性が残されている場所で最終日を迎えることとなった。
世界で戦う松山英樹は「内心キレそうになった」??
この日は「パットが良かったです。きわどいパーもバーディパットも決めることができた」、4番では約6メートルをねじ込むなど、グリーン上で魅せた。ただ、ボギーは3つと「もう少し減らせたと思う」と悔しさも残すラウンドとなった。
「明日はボギーを減らしてガンガンいきたいです」。今大会過去17回で逆転優勝の回数は6回。04年にS・K・ホ(韓国)が5打差をひっくり返したのが最大の逆転劇となる。昨年の塚田陽亮は4打差を巻き返した。過去4勝のうち日本タイトルが2回と大舞台に強いのも小平の長所。結婚後初V、そして再来週の「全米オープン」に弾みをつけるためにも、このままでは終われない。
【第3ラウンドの結果】
1位T:ブレンダン・ジョーンズ(-7)
1位T:アンジェロ・キュー(-7)
3位T:ショーン・ノリス(-6)
3位T:ハン・スンス(-6)
5位:ブラッド・ケネディ(-5)
6位T:宮本勝昌(-4)
6位T:キム・ヒョンソン(-4)
8位T:小平智(-3)
8位T:藤本佳則(-3)
8位T:イム・ソンジェ(-3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

アンジェロ・キュー、明日の帽子の文字は“ヤキニク”?
2週連続で海外勢に食らいつく宮本勝昌、最終日は「100点以上のプレーを」
荒くれBJだってもう42歳 アタマを使ったゴルフでメジャー制覇へ
思い出の初Vも2日間競技…3打差追う森田理香子「優勝出来たら」
プロギア新『RS』&『RS-F』のラウンド試打。『GBBエピック』とのプチ対決