話す口調や聞く姿勢は相手に与える好感度を左右する決め手となります。正しい会話術を身につければ、デート相手に魅力的な女性という印象を与えることだって可能。今回は魅力的な女にみせる6つの会話術についてまとめてみました。

1. 自信と謙虚さを兼ね備える

自信過剰は煙たがられる一方で、適度な自信は好感度を上げるための大切な要素。自分に自信があるということは、ポジティブシンキングの表れなので他人の目には魅力的に映ります。ただし、相手を見下したり、威張るような態度はNG。自信と謙虚をバランスよく兼ね備えることで魅力がアップします。

2. 愚痴やネガティブ思考を封印する

誰だってツラいときには愚痴を吐いてしまいたいもの。ただし、デート中のネガティブ発言は相手に悪い印象を与えてしまうので要注意。デート相手の愚痴は寛大に聞いてあげつつ、自分は愚痴らない大人の女性をアピールすればデート成功率がアップするはず!

3. 思いつきで話をしない

話にオチをつけてデート相手を笑わせる必要はありませんが、話が終わったあとに「だからなに?」とツッコミを入れたくなるようなストーリーはNG。中身のない話は相手を疲れさせるだけです。「結局なにが言いたいのかさっぱりわからない」と相手に思われないよう、思いつきで話すのではなく、相手に伝えたいことをまとめて簡潔に伝えることが大切です。

4. まっすぐ目を見て話す

目を見て話す行為は相手をドキッとさせる効力を持っています。目を見て話すことは、話す相手に自信や好意が伝わりやすいともいわれています。ただし、威圧したような見つめ方や相手に居心地の悪さを与えるような見つめ方はNG。自分の気持ちを表情豊かに表現し、親密度をアップさせて。

5. 聞き上手、共感上手で連帯感アップ

あまり他人に言わないようなことも聞き上手の前ではついつい話してしまうもの。相手が話したいことを上手に引き出して気持ちよく話をさせる聞き上な姿勢は常に相手に好印象を与えます。
また、相づちや表現力で相手の話に共感することで連帯感が芽生えることも。ただし、質問攻めはNG。あくまでも会話の主導権を相手に与えるようにして、ときおり質問を盛り込み会話を盛り上げるのが◎。

6. 好感度を上げるミラー効果

ミラー効果とは同調効果とも呼ばれ、無意識に好意を抱いている相手と同じ動作をしてしまう心理のことを意味します。
その一方で、意識的に相手の意見に同調したり、相手の言葉をリピートすることで相手に好印象を与えることができるともいわれています。すべてを相手の意見に合わせる必要はありませんが、相手の言葉に賛同した場合は口に出して表現するのが◎。
また、相手の言葉をリピートすることで真摯に聞く姿勢をアピールする効果も。