インターネット上で「レインボー村」として話題になっているインドネシア・ジャワ島セマランにある集落(2017年5月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インドネシア中部ジャワ(Java)島セマラン(Semarang)で、集落全体をカラフルに塗り替えた村がインターネット上で話題となり、観光スポットとして人気を呼んでいる。

 色とりどりの万華鏡のように鮮やかに塗り替えられたのは、川の上の丘にある約200軒の家々だ。以前は典型的なインドネシアの低所得層居住区で、不潔で治安も悪かった。そこで、セマランのウォノサリ(Wonosari)に住む人々は町の大変身が必要だと決断。地元自治体や企業数社から資金を調達し、この村全体を装飾するプロジェクトを進めた。4月半ば、集落はカラフルに装飾されて生まれ変わり、「レインボー村」として一躍有名になった。同時に川の浄化作業も行われた。

 外国からは多くの観光客が押し寄せ、インスタグラム(Instagram)やフェイスブック(Facebook)を通じて鮮やかな町並みの写真が次々と投稿されている。
【翻訳編集】AFPBB News