シンガポールで開催中のアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)で演説するジェームズ・マティス米国防長官(2017年6月3日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米国のジェームズ・マティス(James Mattis)国防長官は3日、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ、Shangri-La Dialogue)で行った演説の中で、南シナ海(South China Sea)で中国が進める「軍事化」には毅然(きぜん)として反対しながらも、北朝鮮に核開発を抑制させるためには中国と協力し得る姿勢があることをアジアの同盟諸国に再確認させる発言をした。

 米国の従来の同盟国に対し、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が無関心であるかのように見えることに長年の同盟国は神経をとがらせており、米国が環太平洋連携協定(TPP)や地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定(Paris Agreement)」から離脱したことも、トランプ政権が広く国際枠組みから撤退しようとしているしるしと捉えられている。

 だが、マティス国防長官はすべての同盟国の不安を取り除こうと試みた。同長官は「安全保障分野では、ルールに基づく国際秩序を強化するために、われわれは重大で持続的な取り組みを行っている。安定を創出しようとする多くの国の努力の結果だ」と述べた。

 またマティス国防長官は、北朝鮮が抱く核開発の野心は「われわれ全員にとって脅威」だと述べ、国際社会に対処における協力を呼び掛け、「われわれがそれぞれの義務を果たすこと、そして朝鮮半島(Korean Peninsula)の非核化という共通目標に向かって力を合わせることは必要不可欠だ」と述べた。

 日本の稲田朋美(Tomomi Inada)防衛相は、米国に「完全な信頼」を置くと述べ、オーストラリアのマリス・ペイン(Marise Payne)国防相もこれに同調した。
【翻訳編集】AFPBB News