3日、捜狐体育によると、卓球の世界選手権女子シングルスで、リオデジャネイロ五輪金メダリストの丁寧と平野美宇が対戦する。

写真拡大

2017年6月3日、捜狐体育によると、卓球の世界選手権個人戦第5日が2日、ドイツのデュッセルドルフで行われ、女子シングルスの準々決勝で、石川佳純はリオデジャネイロ五輪金メダリストの丁寧(ディン・ニン、世界ランク1位)に4‐1で敗れた。4月のアジア選手権で平野美宇に優勝を奪われた中国勢が巻き返すかが注目されている。

丁寧は準決勝で平野と対戦する。アジア選手権で丁寧は平野に敗れており、今回雪辱を果たすかが注目される。平野は今回、準々決勝でロンドン五輪銅メダリストの馮天薇(フォン・ティエンウェイ)を破って準決勝に進出。日本選手として48年ぶりに同種目でのメダル獲得を決めている。

同種目の準決勝には中国の陳夢(チェン・モン、世界ランク2位)、朱雨玲(チュー・ユーリン同5位)と強豪が顔をそろえている。進境著しい平野との対戦が注目される。(翻訳・編集/大宮)