lynch.が、5月31日にニューEP『SINNERS-EP』をリリースした。

 昨年末、ベーシストの明徳がバンドを脱退し、活動を自粛していたlynch.。だが、今年2月より4人体制で活動を再開し、4月18日には新木場STUDIO COASTで復活ワンマンライブ『THE JUDGEMENT DAY』を開催。そして今作は、ベーシストとして、J、人時、T$UYO$HI (The BONEZ / P.T.P)YOSHIHIRO YASUI(OUTRAGE)、YUKKE(MUCC)の5人がレコーディングに参加して制作された。

 活動自粛期間、4人はどう過ごしていたのか。そして今、「4人のlynch.」をどう捉え、音楽へと昇華させたのかーーメンバー全員インタビューで、『SINNERS-EP』完成に至るまでの道のりを、じっくりと語ってもらった。(編集部)

「『どう復活するのがベストか?』をずっと考えていた」(葉月)

ーー昨年11月末からしばらく活動自粛が続きましたが、正直lynch.の活動がここまで目に見えて止まることは初めてでしたよね。活動休止中は皆さん、バンドとどのように向き合い、この先どうしたいと考えましたか?

葉月:ベースの明徳の脱退で活動休止が突然訪れたわけで、急に暇になってしまったのでどうしようかなと思って。だけど、そこはもうどうにもならないので、普段できないことをやろうと、今まで行ったことのない土地に旅行に行ったりしました。実は頭の中は意外と……まぁびっくりはしましたけど、意外とさっぱりしていて。「lynch.がどうなっちゃうんだろう?」とか「どうしたらいいんだ?」というのはなくて、一旦自粛期間を設けたのちに復活する、そうなるんだろうと思っていました。そもそも復活以外の選択肢は僕の中にはなかったし、だったら復活するにあたって「どう復活するのがベストか?」をずっと考えていました。じゃあ、出す予定はなかったけどCD出さなきゃなとか、予定にないライブを追加しなくちゃなとか。それが新木場STUDIO COAST(4月18日に同会場で行われたライブ『THE JUDGEMENT DAY』)だったんです。で、ただ普通にCDを出したりライブをしたりするだけじゃ面白くないから、だったらCDではベーシストを1曲ずつ変えて、ライブもひとりじゃなくて4人のベーシストにいっぺんに出てもらおうと。とにかく、どう復活すればファンがより悲しまず、かつ今回の事件で知った人もファンに獲得できるようなインパクトを出せるのかと、ずっと考えてました。

悠介:僕は事件が発覚して、突然のことだったのですごく動揺もしました。僕自身が精神的に強い人間ではないので、すごく落ち込みましたし。なので、去年の12月から1カ月間は楽器もほとんど触らず、ずっと潜ってましたね。だけどいつまでもそういうわけにはいかないですし、残ったメンバーで進んでいかなければいけないわけで。今までまるまる活動しない期間があるって機会もなかなかなかったので、まずは自分の気持ちに整理をつけるために遠出もしましたし、そこで得たものをもとに曲を作ったりもしたし、とにかく自分をリセットするところから始めました。それからこの先にやることが決まってきたので、あとはそれに向かっていったという感じですね。

玲央:事件が起こって謹慎しなければいけないという状況を迎えて、僕はあくまでも謹慎は謹慎として過ごそうと思いました。頭の中ではどう再開するのがファンの子がダメージ少なく喜べるのか、なおかつ明徳がいないからこそできることってなんだろうというのを考えながら過ごしてましたね。再始動のライブのときにも言ったんですけど、極力人と会わず……逆にそういう機会ってないし、人と会わないとどうなるんだろうと思って。必要最低限の買い物のときも帽子とマスクで誰にも悟られないように過ごしてましたけど、だからこそ再始動ライブで大勢の前に出たときに、やっぱり感動というか、ライブができることのありがたみをより痛感できました。あくまでも、僕ら自身が悲劇のヒーローにはなってはいけないし、傷ついたファンの子をどうプラスの方向に持っていけるかということばかり考えてました。

晁直:去年はバンドとして勢いづいて、ものすごい疾走感で上がってきたという実感があったし、そこでの急ブレーキだったので、lynch.にも大打撃だと思ったし、ファンにも打撃があったと思う。だから早く活動再開したいとは思ってたんですけど、でも謹慎は謹慎なんで、とりあえず最短でいつできるのかなとずっと考えていました。周りの人たちはすごく心配してくれたんですけど、僕はそんなに落ち込んだりはしてなくて。逆に再始動に向けて手を尽くしてくれたスタッフ周りの人たちを本当にバタバタさせてしまって、そこは申し訳ないと感じつつ、すごくありがたいと思いました。

ーー聞くところによると、ファンクラブの会員数も活動休止中に増えたそうですね。

葉月:そうなんですよ。普通は減りますよね(笑)。

ーーそういう感覚はありますよね。ということは、今までファンクラブには入らずに応援していたファンがlynch.をそれだけ支えようと思ったってことですもんね。

葉月:本当にありがたいですよ。

「もうlynch.はこのメンバーだけで完結できるものじゃないんだ」(葉月)

ーー新木場STUDIO COAST公演には人時さん、Ryoさん(defspiral)、天野攸紀さん、Natsukiさん(DuelJewel)と4人のベーシストが参加したわけですが、そのアイデアもすごいですよね。

葉月:5曲ずつで交代していきました。でもライブ直前までは発表していなかったので、それによってお客さんを呼びたいとかそういうことではなくて。なにかこう、明徳のファンがかわいそうだなと思ったんです。サポートで違うベーシストがひとりポンとステージに立って、その人がずっと弾いてりゃそれでいいんでしょうけど、「ああ、いなくなっちゃったんだな」っていうのを見せつけられるというか。もっと気を散らしたかったんですよね。めまぐるしく変わって、「なんだ、なんだ」って。そっちのほうが面白いと思ったし、明徳のファン、lynch.が好きな人も気が紛れるんじゃないかって気がしたんです。

玲央:ひとり固定にしたら「この人がそのまま立ち続けるんじゃないか?」っていう、変な詮索も生まれるでしょうし。そういった部分で葉月から提案をもらったときに、無茶な話だけど面白いよねと思いました。あとは、どうライブの進行を妨げることなく楽器のスイッチングをしていくかとか、実現に向けた試行錯誤や模索があったんですけどね。

ーー実際あの日、久しぶりにお客さんの前に立ってみて、まず何を感じましたか?

葉月:休止中にファンのことを考える機会が多くて。「楽しみを取り上げちゃったな、悪いことをしたな」っていう思いがあったんです。今まで僕の中では……当然お客さんに感謝はしていたんですけど、lynch.というのは自分が好きな音楽をやるために立ち上げたバンドで、メジャーと契約してますけど「好きなことをやりますよ」と、自分の音楽を貫くためのバンドみたいな思いが強かったんです。でも、謹慎が明けてパンパンのCOASTでお客さんの顔を見たら、顔は笑っているのに泣いてる人がめちゃめちゃいて。その嬉し涙を見たときに、「ああ、もうlynch.はこのメンバーだけで完結できるものじゃないんだ」と初めて思ったかもしれない。例えば、僕らが「音楽ちょっと飽きちゃったんですけど」ってことがあったとして、そんな理由で終わせちゃいけないものになってしまったんだなと。いや、「なってしまった」というか「なれたのかな」という気がして、それはすごく嬉しかったですね。すげえバンドをやれてるんだなって。

ーーきっかけはどうであれ、そこに気づけることってすごく幸せなことですよね。

葉月:うん、そうですね。普通に感謝しているだけだと気づけないところだから。

「少なからず正解に変えていく行動を取る責任はあるかな」(玲央)

ーー5月には東名阪ファンクラブツアー『TOUR’17「DEADLY DEEP KISSES」-SHADOWS ONLY-』もあり、そのときには各公演にベーシストがひとりずつ参加。東京では人時さん、名古屋と大阪では天野さんが弾いたんですよね。

葉月:そうです。リハーサルだけでもものすごく大変で(笑)。

玲央:ベーシストの人数分やらなくちゃいけないので(笑)。さっきも言いましたけど、いないからこそできることってなんだろう、その中でも見て楽しいと思えることはなんだろうと考えた結果ですよね。例えば2連続でライブをやったときに、そこでベーシストが変わるとおのずと出てくる音も風景も変わってくる。そういう部分で「今日はどんな感じになるんだろう?」と楽しみに来てもらえると、ツアーも楽しくなるんじゃないかなって。僕ら自身もいろんなベーシストの方々と一緒に合わせることで、気づけることや勉強になることもたくさんあるので、そういう意味でもこの形を選んで良かったかなと思います。

ーーベーシストがこれだけころころ変わると、ドラマーがその影響を一番受けるのかなと思うんですが?

晁直:さほど影響は受けないですよ。lynch.は昔からベーシストが変わってきたので、そこに慣れたというのもあるんですけど。ただ、今回みたいにベースが日によって違うと、改めて「ベースが変わると全然違うんだな」というのは日々実感しますし、そこを自分が楽しめているというのも大きいですね。

ーー突発的に生まれたこの状況は普通に活動していたら経験できなかったわけですし、今はそこをプラスに変えているというところなんでしょうか。

玲央:はい。マイナスの出来事をマイナスのまま終わらせてしまっても、やっぱり誰も喜ばないので、だったらプラスを作っていけばいいんじゃないかなって。その発想ですべての物事が動いていくので、それが正解かどうかはわからないんですけど、少なからず正解に変えていく行動を取る責任はあるかなと思っています。

「タイトルはあいつがいたことも事件のことも全部背負うという意味」(葉月)

ーーで、今回発売される『SINNERS-EP』も、再始動に合わせて制作されたと。

葉月:事件があったことによって注目がものすごく集まっているという自覚もあったので、それをちゃんとプラスに変換するには絶対に新作が必要だと思って。

ーーその新作に“SINNERS”というタイトルをつけるのが、またエグいというか。

葉月:本気で悲しんでいるファンの方には申し訳ないとは思ったんですけど、この言葉にはいろんな意味があって。もちろん悪ふざけではなくて、あいつがやらかしたことをなかったことには絶対にしたくないし、最初から4人でしたよという活動もしようと思えばできるけど、それもちょっと違うというか。今までやってきたことすべてが嘘になってしまうようですごく嫌で、あいつがいたことも事件のことも全部背負うという意味で、このタイトルにしようと思ったんです。

ーーなるほど。曲作りは今年に入ってから始めたんですか?

葉月:曲によるんですけど、「KALEIDO」と「SORROW」は去年からあったもので。いや、「SORROW」は2〜3年前からあったのかな。あとは全部、今年書き下ろしたものですね。

ーーレコーディングに参加したベーシストの豪華さも、ちょっと想像を絶してますよね。

葉月:僕らも信じられなかったですから(笑)。

ーーそれこそ皆さんたちが影響を受けた諸先輩方もいれば、同時代を駆け抜けてきた仲間もいる。この人選はどうやって決まったんですか?

葉月:まずJさんと人時さんは、僕の中で今回のアイデアが浮かんだときに絶対に弾いてほしいと思った2人なんです。2人が在籍するLUNA SEA、黒夢というのは自分のルーツなので、もうダメ元でお願いしてみようと。Jさんとは去年10月にツーマンをやらせていただいて連絡先も交換していたので、勇気を振り絞って1時間ぐらいかけてメールを作って送信、みたいな(笑)。そうしたら意外とあっさりと「了解。正式オファー待ってます」という軽やかな返事が返ってきて、ない話じゃないんだなと。そこから曲を作り始めました。人時さんは、むしろ人時さんから「何か困ってたら、いつでも力になるんで」と言ってきてくれたんです。じゃあぜひ弾いてくださいというところで、速攻決まりました。T$UYO$HIさんとはPTP(Pay money To my Pain)の『gene』という現状最後のアルバムに僕が参加した際に、「今度はT$UYO$HIさんもやってくださいよ」と軽いノリでお願いしていて。安井(義博)さんは地元名古屋の先輩なんですけど、これまでlynch.とOUTRAGEって意外と接点がなくて。なので別の先輩から紹介していただいてオファーしたら、快く受けてくださったんです。で、YUKKEさんは悠介くんのご指名です。

悠介:「SORROW」という曲の雰囲気とかもろもろ含めて、YUKKEさんが適任だろうなというのがあったので、それでお願いしました。

葉月:このやり方も、EPというサイズだからできたことかもしれないですね。これがフルアルバムだったらちょっとキツイですし(笑)。

「僕の後ろにJさんが立ってる場面は全然イメージになくて」(葉月)

ーー新曲の多くは、そこで弾くベーシストのカラーをイメージして固めていったんですね。

葉月:「TRIGGER」はモロにそうですね。JさんがOKかもしれないというときに、僕の中で理想のビート感というのがあったので、これぞJさんみたいなものがあったから、そこになぞらえて書きました。

ーーlynch.はこれまでもベーシストが流動的で、4人で活動していた時期もありましたが、今回みたいに曲ごとに違うベーシストでレコーディングするやり方は今までなかったですよね?

玲央:ですね。今回はスケジュール的な問題もあって、ベースのデータをいただいたのがギター録りのあと。だから「たぶんこういうふうに弾いてくれるんじゃないかな」って想像しながら弾きました。

悠介:実は「SORROW」に関してのみ、ベースのレコーディングに立ち会って。この曲を書いたときから「動きのあるベースが欲しい」というのが僕の中にあったので、ギターもわりとシンプルに弾いていて、そういうことをYUKKEさんに伝えて、あとはお任せで弾いてもらいました。そのレコーディング現場には(MUCCのギタリスト)ミヤさんも来てくれたんです。ミヤさんとYUKKEさんがいると、もうそこはlynch.の現場という感じではなくてMUCCの現場を見ているような(笑)。ああ、MUCCはいつもこういう感じでやっているんだろうなって、それがすごく勉強になって。実はミヤさんのアイデアも入っていて、「俺だったらこういうふうにするけど、どう思う?」「面白いですね」というやり取りがあって進んでいったので、そういう点でも楽しかったですね。

ーー「TRIGGER」のMVにはレコーディング同様にJさんが参加していますが、同じ画面で演奏しているシーンはないんですよね。

葉月:別に意図はなかったんですけど、僕の中で何か違ったんですよね。僕の後ろにJさんが立ってる場面は全然イメージになくて。そこは監督もJさんも、みんな一致していました。

玲央:「あくまで主役はlynch.で、自分はそのゲスト」と、Jさんからバンドを大事にしようとしてくださっている気持ちが伝わってきました。実は仮編集の段階でJさんの顔がはっきり映ってるシーンが終盤に入っていたんですけど、それだと違うとおっしゃっていたみたいで。「あくまで主役はバンドのほうだから、最後にベースがチラッと映るところで終わるといいんじゃないか」というアイデアもいただいたし、そこまでバンドのことを大事に考えてくださっているんだなと、すごく嬉しかったです。もともと「せっかくだし出ようか」と言ってくださったのもJさんからだったので。「そっちのほうが面白いじゃん」という、そのジャッジの基準がやっぱりカッコいいなと思いますね。

「今と未来を、しっかりわかりやすい言葉で書きたかった」(葉月)

ーー本作は冒頭のインスト「SIN」を含めて全6曲。ストレートでメロウな楽曲と、ひたすらアグレッシブな楽曲が交互に攻めてくる構成になっています。曲順には意図があるんでしょうか?

葉月:ないです。むしろ今言われて、「そうだな」って気づきました(笑)。単純に好きな並びってだけですよね。

ーー確かに聴いていて、一番気持ち良い並びかもしれませんね。新曲を書く際に、何か意識したことはありましたか?

葉月:いや、いつも通りというか。復活に絶対間に合わせなきゃいけなかったので、締め切りに間に合わせようというぐらいで(笑)。そんなに「新しい一面を見せなくちゃ」みたいなのはなくて、前作『AVANTGARDE』の延長線上にある感じです。

ーーなるほど。では歌詞に関してはどうですか? 以前お話を聞いたときに、「歌詞を通じて誰かに何かを伝えることに興味がない」と言っていましたが。

葉月:基本的に言いたいっていうのは今もなくて。バンドが何も問題なく進んでいれば別に社会に対して不満もないですし、そういう歌詞を書く気もないんですけど、今回はこういうことがありましたから。「TRIGGER」に関しては事件があってからの今と未来を、しっかりわかりやすい言葉で書きたかったというのはありました。本当に最近のことなんですけど、ファンに向けて強いメッセージを持った曲ってライブのときにものすごい力を発揮するんだということに、この2〜3年の間に気づいて。それを使わない手はないなと、そういう思いは今回ありました。

玲央:今起こっている状況を冷静に考えたときに、自分たちが一番に出すべき言葉ってそういうことだと思うので。おのずと歌詞に反映されたのかな、という印象はありますね。

「まずはライブを通して感謝の気持ちや心配を伝えていくことから」(悠介)

ーー今のlynch.に対する本当の評価は、この『SINNERS-EP』が発売されて、6月からの全国ツアー『TOUR’17「THE SINNER STRIKES BACK」』が終わったあとに出るのかもしれませんが、皆さんはこの「4人のlynch.」を今、どういうふうに捉えているんでしょうか?

葉月:今は不完全ですね、まず。今後どうしていくのかはまだわからないですけど……lynch.はずっと5人だったわけじゃないですか。その前はずっと4人でしたけど、そこから5人になって完全体になり、もう6年ぐらいやっていたので。だから今の4人のlynch.というのは完全でもなんでもないし、5人のlynch.にこの4人だけで勝てるとも思ってない。だからなんとかしなきゃなと思っている最中です。

玲央:逆に言うと、伸びしろがあると自分的には思っていて。不完全だからこその伸びしろ、空いた穴があるからこそ、そこにどんな形のものがまた付け加えられるのか。もしくは空けたままの状態で、自分たちが大きくなっていくのか。いずれにしても、伸びしろと捉えればすごく前向きだと思うので、そういうふうに考えています。

晁直:今は人の力をお借りして、見る人、聴く人に飽きさせないように、もっと食いついてもらおうとしている最中で。昨年末からの失速を取り戻す意味も含めてなんですけど、やっぱり飽きさせないことがものすごく大事だと思うので、とりあえず現状でやっていくことで、今後どうなっていくのが見えてくるんじゃないかと思います。

悠介:明徳が加入してからメジャーに来て6年、その期間もいろいろありましたけど、去年ようやく波に乗れた感があって。さっき晁直くんも言ってましたけど、それが急に止まってしまったことによるバンドのダメージは相当デカかったので、不完全なりにも勢いをとにかく取り戻さなくちゃいけないと思うんです。今回こうしてインパクトのある作品を作れたことによって、いいスタートは切れると思うので、これを軸に3歩4歩先に進めるようにしなくちゃいけない。それに、ファンにも心配をかけてしまったし、まだライブ会場に足を運べていない人もいると思うので、ライブを通して感謝の気持ちや心配をかけさせてごめんなさいという気持ちを伝えていかなくちゃいけないと思います。まずはそこからですね。

(取材・文=西廣智一)