おしゃれキャンプを1泊2日してみて分かった!! 持っていくべき意外なものとは!?

写真拡大 (全10枚)

 

 

みなさんこんにちは〜!

暖かくなってきたので、1泊2日でおしゃれキャンプに行ってきました〜!

 

 

今回宿泊キャンプをしてみて分かった、キャンプ初心者にも分かりやすい持ってくべきものをご紹介したいと思います☆

 

キャンプといえばBBQ.

 

特に6、7月山の中は湿気で火がとっても付きにくい!

着火剤が必須です.

 

 

でも着火剤を忘れてしまった!って時はこの松ぼっくり。

油脂が含まれているので松ぼっくりは良く燃えるんです!

自然の着火剤ですね!

 

次に用意するものは大きめのゴミ袋3つ!

キャンプ場にはほとんどのところに”集合ごみ捨て場”があるのですが、燃えるゴミ、燃えないゴミ、缶ペットボトルに分けて捨てます。

BBQで出たゴミなどはひとつの袋にまとめずその場で仕分けると、あとあと楽ですよ♪

 

 

あとは保冷バックとポットも必須です!

暑い中でやるので飲み物はすぐ温くなってしまう上に、生物を扱う時は危険です( ̄^ ̄)ゞ

私はコストコの保冷バックを毎回持って行きます♪

 

 

BBQをする上での私的アドバイスですが、BBQ場の近くのスーパーはお肉など基本割高です。笑

地元の方で食材をそろえて出発するのがいいですよ〜!

 

 

そして、自宅に網や鉄板、トングがある人は持っていくのがオススメ.

キャンプ場はレンタルで貸してくれますが、かなりお値段取られてしまうのであるものは持って行きましょう!!!

お肉や野菜をカットするナイフやハサミも持っていくのがオススメです。

 

 

 

ランプ!

キャンプ場はもちろん街ではないので街灯はありません。笑

 

みんなランプを片手に夜は歩きます!

かなり全体的に照らしてくれる強さのあるランプがオススメです。

 

 

キャンプ場にお風呂がある場合、シャンプー、リンス、ボディーソープは一切ないところがほとんどです。

 

HPで下調べして用意しましょう(^^)

 

 

最後に蚊取り線香です。

 

 

夜の森の中は尋常じゃないくらい虫さんが現れます。笑

外に食べ物を置いてくとタヌキが漁ってしまったり…..

 

蚊取り線香は必須中の必須です!

また、夜はかなーーーーり冷え込むので暖かい飲み物を作るためのポットや防寒具も用意してください!!

 

6月で昼間は27度でも夜は5度でした。

長ズボンに靴下、長袖にトレーナーを着て寝袋に入って普通くらいでした!

ぜひ参考までに☆

 

 

ときどき自然に触れ合うことはとっても大事ですね♪

浄化されたので都内に戻りたいと思います…..

 

 

トラベラーとして色々な場所に行っているのでぜひSNSのフォローもよろしくお願いします♡♡♡

 

 

instagram @miiikku104

twitter @meek97sbaby