LABOUM ソルビン、イベント後に腹痛を訴え緊急搬送…事務所がコメント

写真拡大

ガールズグループLABOUMのソルビンが倒れた。

ソルビンは2日午後、京畿道(キョンギド) 華城(ファソン) 市華城総合競技タウンのメインスタジアムで行われた「ワールド・フレンズ・ミュージック・フェスティバル」に出演した後、胃けいれんによる突然の腹痛を訴えた。以降、主催側で用意した救急車に乗って救急室に緊急搬送された。

突然だった。舞台に上がる前に胃けいれんを訴えたが、ステージに上がりたいという本人の意志が強かったという。

所属事務所では最近スケジュールが多いソルビンを配慮し、健康管理に神経を尖らせていたところだった。

しかし、ソルビンの体が耐えなかったものとみられる。最近、LABOUMの活動による音楽番組と様々な芸能番組の出演が重なったうえ、CM・ドラマなどのラブコールを受ける過程で、過労があったとみられている。

所属事務所では「腹痛と話したが、まだ正確な病名は確認されていない。ステージを終えた後、特にもっと辛そうだったが、正確な診察を受ける必要がある。ソルビンの治療のため、最善を尽くす」と伝えた。