故障者/大宮=菊地、D・ムルジャ、播戸 鳥栖=谷口、小野、赤星
出場停止/大宮=大前 鳥栖=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ第14節
大宮アルディージャ - サガン鳥栖
6月4日(日)/16:00/NACK5スタジアム大宮
 
大宮アルディージャ
今季成績(13節終了時):18位 勝点7 2勝1分10敗 7得点・26失点
 
【最新チーム事情】
●伊藤新監督の初陣となったルヴァンカップ・磐田戦は2-1の勝利。
●ルヴァンカップで退場となった大前。今節は出場停止に。
●4-1-4-1の新システムを継続して採用する見込み。
 
【担当記者の視点】
 伊藤彰監督の就任後、初のリーグ戦となる。5月31日のルヴァンカップ7節・磐田戦は2-1と勝利。開始早々に退場者を出しながらも、新指揮官の“初陣”を白星で飾った。
 
 攻撃的な姿勢を打ち出す“新生・大宮”にとって、重要なのはいかにボールポゼッションするか。そして、どうゴールへの道筋を描くか。
 
 鍵はアンカーに入る長谷川と1トップの江坂か。彼らふたりがより多くボールを触れれば、勝点獲得は近付くはずだ。
J1リーグ第14節
大宮アルディージャ - サガン鳥栖
6月4日(日)/16:00/NACK5スタジアム大宮
 
サガン鳥栖
今季成績(13節終了時):10位 勝点18 5勝3分5敗 15得点・16失点
 
【最新チーム事情】
●ルヴァンカップの甲府戦で今季アウェー初勝利。
●今節勝利すれば、今季初のリーグ戦連勝になる。
●23日に入籍した鎌田が、前節の札幌戦でゴール。公私ともに好調を維持する。
 
【担当記者の視点】
 ルヴァンカップ・7節の甲府戦で、今季アウェー初勝利を飾った。すでにグループリーグ敗退が決まっていたとはいえ、少なからず自信になったはずだ。大宮とのアウェーゲームにも、この勢いをつなげられるか。
 
 今節は、他会場の結果次第で7位に浮上する可能性もある。上位に食らいつくためには是が非でも勝点3を獲得したい。
 
 注目は、外傷性気胸から予想以上の早さで復帰したエースの豊田。直近のリーグ4試合では得点から遠ざかってはいるが、彼のゴールがチームに与える好影響は計り知れない。失点(26点)が多い相手なだけに、得点の期待は高まる。