1日、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本料理の中で、おいしそうに見えたのに実際に食べたら激マズだったもの」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーから賛否両論が寄せられている。資料写真。

写真拡大

2017年6月1日、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本料理の中で、おいしそうに見えたのに実際に食べたら激マズだったもの」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーから賛否両論が寄せられている。

スレッド主は、好きな人から見たら「おいしそう!」と思える2枚の写真を掲載している。メニューは「納豆」と「卵かけご飯」で、日本のドラマや映画、アニメで見ると非常においしそうに見えるという。しかし、「納豆は体にいい」と聞いてお店で注文してみたが、実際は「うえっ」となるほどまずかったとつづっている。

この投稿に、他のネットユーザーからは「納豆を食べて吐きそうになった」「納豆は好きだけど、卵かけごはんは嫌い」「僕は納豆が嫌いで卵かけご飯は好き」「おいしいのに」「両方とも大好き」「日本の食べ物で一番嫌いなのは生卵と半熟卵」と、好き嫌いが大きく分かれることがうかがえる声が寄せられている。

中には「チョングッチャン(納豆のにおいに似た、韓国の豆みそ)が好きな人は、納豆が好きだと思うよ」「いや、全然味が違うって」と日韓の発酵食品を比べる声や、他のユーザーに対して「納豆にかつお節をかけて食べてみて。おいしいから」「納豆に青のりに長ネギを入れて、ごま油をちょっぴり垂らすとおいしい」と独自の食べ方を勧めるユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)