平野美宇【写真:Getty Images】

写真拡大

名勝負再び…平野がアジア選手権で撃破の世界1位と事実上の決勝戦、ITTF大注目

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は3日、女子シングルス準決勝で世界ランキング8位・平野美宇(エリートアカデミー)がリオデジャネイロ五輪金メダルで同1位・丁寧(中国)と対戦する。2日の準々決勝で日本勢48年ぶりのメダルを確定させたアジア女王と世界女王の“再戦”が大注目を集めている。国際卓球連盟(ITTF)公式サイトが「ファンタスティックな激突」と伝えた。

 今大会最大の注目カードが、ついにセミファイナルで実現した。記事では「ファンタスティックな激突」と表現し、平野と丁寧の「女王対決」を煽った。

「ミウ・ヒラノは4月の対戦では凌駕している。1969年以来となる日本の女子シングルスでのメダルをすでに確保しているが、トップシードの丁寧には世界選手権王座を守る使命がある。4強決戦は総力戦になるだろう」

 平野は4月に中国で行われたアジア選手権準々決勝、中国の絶対女王を3-11、12-14、11-9、16-14、12-10で圧巻の逆転勝利を飾った。歴史的な大金星で勢いに乗ると、準決勝で2位・朱雨玲、決勝で5位・陳夢を撃破。中国のトップランカーをなで斬りにし、史上最年少のアジア女王に上り詰めた17歳は「マーベラス・ミウ」という異名を冠せられた。

連覇かかる世界女王・丁寧…代表合宿はコピー選手4人投入で「打倒・平野」

 一方、前回覇者・丁寧には大会連覇の偉業がかかっている。

 中国代表チームは世界選手権前、打倒平野に総力を集結。有力選手のコピー選手を代表合宿に招へいし、なかでも平野役のコピー選手4人も用意。練習中もアジア選手権で苦杯をなめた平野の試合映像を流し続け、闘争心を煽る徹底ぶりで「ハリケーン・ヒラノ」を食い止めようとしている。

 記事では、このように見所を伝えた。

「ミウ・ヒラノは丁寧相手に再び、驚きの勝利を引き出すのか。それとも、ディフェンディング・チャンピオンは決勝戦の座を確保するのだろうか?」

 名勝負の予感漂う、事実上のV決定戦。平野は返り討ちにし、丁寧の牙城を打ち破ることができるだろうか。