プリヤンカー・チョープラ&クレア・デインズ

写真拡大

クライム・サスペンス『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』で初めてアメリカのTVシリーズに出演した、インドが誇る女優プリヤンカー・チョープラ。彼女が、ジム・パーソンズ(『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』、クレア・デインズ(『HOMELAND/ホームランド』)、そしてアカデミー賞女優のオクタヴィア・スペンサー(『ドリーム:私たちのアポロ計画』)と共に、新作映画『A Kid Like Jake(原題)』に出演することがわかった。米Varietyらが報じている。

同作は、2013年にニューヨークのリンカーン・センターで公演された舞台の映画版。グレッグとアレックス夫婦には、4歳になる息子ジェイクがおり、二人は彼をニューヨークで授業料の一番高い私立の幼稚園へ入れようとする。申し込みに行き、やはり高すぎて払えないと悟る。しかし、ジェイクがシンデレラに憧れ、ドレスを着たりすることが大好きな子どもだと知ったプリスクールのディレクターが彼がトランスジェンダーである可能性から、奨学金がもらえるかもしれないと両親に教え...。監督はAmazonオリジナルドラマ『トランスペアレント』のサイラス・ハワードが務める。

また、プリヤンカーは、リアム・ヘムズワース(『ハンガー・ゲーム』)とレベル・ウィルソン(『ピッチ・パーフェクト』)と共に、コメディ映画『Isn't It Romantic(原題)』にも出演予定。『クワンティコ』の撮影の合間の6月に『A Kid Like Jake』を、そして終わり次第7月に『Isn't It Romantic』の撮影に入る。

現在、ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)やザック・エフロン(『ネイバーズ』)との共演を果たした『Baywatch(原題)』も全米公開中。プリヤンカーは、故郷インドでは知らない人がいないと言われるトップ女優。軍医を務めた両親の赴任先であるアメリカで幼少期を過ごし、インドへ戻ったその後、18歳の時にミス・インディアに選ばれ、2000年には世界3大ミスコンであるミス・ワールドを勝ち取った。ずば抜けた身体能力でスタントも自身でこなすことでも有名な彼女は、今やアメリカのエンターテイメント業界でも引っ張りだこだ。(海外ドラマNAVI)