料理は栄養バランスや見た目の華やかさ、味を良くするために、様々な食材を取り入れますよね。単純に具沢山のほうが良いからという理由で料理に様々な食材を取り入れている方もいるかもしれませんが、もしかしたらあなたの料理のその食材の組み合わせ、悪い組み合わせとなっているかもしれませんよ。というのも特定の食材同士の組み合わせは、時に栄養素をダメにしたり、消化吸収を阻害したり、体調不良に繋がったりと、悪い影響をもたらすことがあるからです。そんな食べ合わせの悪い食材の組み合わせについて紹介したいと思います。

ニンジンと大根だと栄養素が壊れる

ニンジンはβカロテンが豊富な実に優秀な食材ではありますが、一緒に含まれているアスコルビナーゼにはビタミンCを壊す作用があります。豊富なビタミンCが含まれる大根などと一緒に食べると、せっかくのビタミンCが壊れてしまう恐れがあるのです。ただこのビタミンCが壊れないための対処法もあります。アスコルビナーゼは熱や酸に弱い性質をもっているので、ニンジンと大根の組み合わせの際は調理の過程で熱を通したり、酢漬けなど、酸性の調味料を使った料理にするなどすれば大丈夫です。ちなみに似た悪い組み合わせとしてトマトとキュウリもあります。

ワカメとネギで吸収が阻害される

わたしたちが普段食べているお味噌汁には、ワカメとネギという組み合わせがベーシックなものとなっていますよね。ただネギに含まれているリンという成分が、ワカメに含まれているカルシウムの吸収を阻害してしまうため、悪い組み合わせの食材として知られているのです。とはいえただネギを加えなければいいわけでありますし、何も体調不良となるようなものでもありませんので、特別気にする必要はないかもしれません。

ソバとナスで身体を冷やしてしまう

ソバには身体を冷やす作用があるので、一緒に蕎麦湯をのむべきされます。更にナスにも身体を冷やす作用があることから、ソバとナスを一緒に食べると身体を冷やしすぎる恐れがあるのです。ひどい場合は、一時的に冷え性が悪化したり、お腹を下してしまうこともあるようです。これの対処法としては、加熱調理すること、一緒にネギや七味などの身体を温める作用のあるものをトッピングする、などといったものがあります。

魚と漬物で発がん性物質が出る

和食にはおなじみの焼き魚と漬物という組み合わせですが、魚に含まれるアミンが漬物に含まれる亜硝酸と結合し、発がん性物質に変換される恐れがあるようです。これはビタミンCを一緒に摂ればその発がん性物質の生成を抑えられるようなので、ビタミンCが豊富な大根をおろしでトッピングする、レモン汁をかけるなどして対処が可能とのこと。これら食材の組み合わせの際は紹介した対処法を参考に、一工夫加えて食べるよう心がけるといいでしょう。


writer:サプリ編集部