ただの友達からカップルになるためには、どちらかが告白する勇気を持つことが不可欠です。なんとなく仲良しという状況から一歩前進するためには、「相手も自分のことが好きだ」という決定打がないとなかなか前に進めないもの! そこで今回は、男子が「これは両思いだな」と実感できる瞬間について調査してみました。そのタイミングをたくさん作って、アタックしちゃえ♡

1. 遊んだ後に必ずLINEをくれる



・「一緒に遊びに行ったり飲みに行ったあとに、必ず向こうからLINEをくれるとき。ちょうど『今日はありがとう! また遊ぼう!』ってLINEで打っていたときに、向こうから『今日は遊べてうれしかったよ、またご飯行こうね!』ってLINEが来たときは、帰りの電車の中でガッツポーズしてしまった(笑)」(22歳男性)

ポイントは、別れてから時間を開けずに送ること。もし彼に好意があるのなら、日付が変わる前にお礼のLINEを送ってみて!

2. どうでもいい内容のLINEに返事をくれる


・「男がどうでもいい内容のLINEを送るときって、その相手の女子のことが純粋に気になっているときだと思います。寝る前にその子のことが気になって、ふとスタンプだけ送ってしまったり。そういう時に『どうしたの?』とか『○○君、元気〜?』とか返事をくれると脈ありだと思ってしまう。男は単純です!」(23歳男性)

「え、なんでこのタイミング?」「スタンプ送られても……」と思っても、脈ありだと思って返してあげることが大事なんですね!


3. 大勢の前で度々褒めてくれる


・「会社の同期と飲みに行くと、大勢いる中で俺のことばかりを褒めてくれる子がいるんですよ。他のやつのギャグには反応しないのに、俺の話だけ『面白い〜! 最高〜!』って持ち上げてくれる。わざわざ他の男がいる前で褒めてくれるっていうことは、きっと俺のことが好きなんだろうなと思います。つまり、両思いだなって思っているんですが、まだ告白できていません(笑)」(26歳男性)

好きな男子のことを直接褒めることが難しくても、何人かいるところでなら話の流れで褒めることができそう! 

4. 自分の会話をニコニコしながら聞いてくれる


・「両思いだと実感するのは、僕の話をニコニコしながら真剣に聞いてくれるとき。好きな女子には楽しんでもらいたいから、こっちも必死で盛り上げて、いろんなエピソードを話します。そういうときに、しっかりと笑顔で話に反応してくれるとやっぱりうれしいし、お互いに気持ちが通じ合っている気がする」(20歳男性)

男子に好きなタイプを聞くと、「笑顔がかわいい子」と答える人が多いもの。さらに聞き上手だと、より気持ちが伝わるようですね♪

5. 「他の子にはしちゃだめだよ?」と言われたとき



・「サークルで一番気になってる女子と一緒にご飯を食べに行ったときのこと。僕が帰り道に、ちょっとしたお菓子のプレゼントをあげたんです。そしたら思いの外喜んでくれて、『えー、うれしい! これ、他の女の子にはしちゃだめだよ?』と言われて胸キュンすぎました。これはもう俺のこと好きでしょ、と思ってしまった」(23歳男性)

「他の子にはしちゃダメ」とは、“私だけ”にして欲しいという意味で彼に伝えることができるんですね! 本当に好きなのであれば、このモテテクを使ってみて! 

大切なのは、相手に安心感を与えること
以上、いかがでしたか? 
2人の関係を進展させるには、「両思いのはず」という安心感を相手に与えることが大切です。「好き」「付き合って」と言葉で伝えなくても、好意を示すことは可能。ぜひ一度意識してみてはいかがでしょうか♡
(ヤマグチユキコ)