文在寅大統領の自宅が入る集合住宅。引っ越し作業中だった

写真拡大

「儒教の呪いを肌で感じた。日本はやっぱり、この国との付き合い方を根本的に考え直さなければいけないと思う」

 著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏は、2日間の緊急ソウル取材を終えて、そう感想を語った。大統領選が終わった直後の韓国に飛んだケント氏が見たものとは──。

 * * *
 SAPIO編集部から依頼されて急遽行くことになった今回の韓国取材は、偶然に恵まれた。

 5月15日。約10年ぶりとなるソウルは、ガラス張りの高層ビルが建ち並び、様相は一変していた。市内のあちこちで大規模な再開発が行われ、建設用のクレーンがニョキニョキと伸びていた。

 到着後、すぐに向かったのは文在寅大統領の私邸だ。乗せてくれたタクシーの運転手は、文氏と同じ慶熙大学の3年後輩だと語った。

「文大統領は質素な人です。おだやかで精神が強く、言ったことは実行する。民の心がわかるんです。彼は朴槿恵のようにはならないでしょう」

 そう文氏への強い期待を口にした。そして多くのソウル市民が、同様の期待を新大統領に寄せていた。

 中心部から約25分、タクシーは幹線道路を外れて車がようやくすれちがえるような細く急な坂を登っていく。ソウル市西大門区弘恩洞(ホンウンドン)。駅から遠く、地価も安い「庶民の町」だという。

 着いた場所は、5階建てのまるで団地のような集合住宅だった。高層ビルだらけの中心部とはまったく違う雰囲気だ。

〈第19代文在寅大統領の当選を心よりお祝いします。 住民一同〉

 そんな横断幕がかかるそばで、小さなトラックが止まっていた。

 偶然目の前で、文氏の引っ越しが行われていたのだ。階段を降りてきた業者は、手にした洋服を次々にトラックに乗せていく。シワだらけのジャケットやワイシャツも多い。確かに質素な引っ越しだ。そばで多くのSPが見守っているのと、不釣り合いに見える。

 タクシー運転手は「こんなところに住んでいたなんて……。私だって、もう少し家賃が高い地区に住んでいるのに」と語った。こうした面が「朴槿恵とは違う。文大統領は庶民のことを考えてくれるはずだ」という期待につながっているのだろう。

【PROFILE】1952年、アイダホ州生まれ。1971年、初来日。カリフォルニア州弁護士。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、人気に。近著に『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』『日本人は「国際感覚」なんてゴミ箱へ捨てろ!』がある。

※SAPIO2017年7月号