【詳細】他の写真はこちら

気がつくと見えるようになっていた「システムで予約済み」のドライブを消したい



PCのストレージ容量が少なくなってきたら、ファイルの保存先としてHDDやSSDを増設するのが一般的ですよね。でも、何度もドライブの増設や入れ替えなどをやっていると、今までなかったはずの「システムで予約済み」といったドライブがいつの間にか見えるようになっていることがあります。

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

 

見えていたからといって特に問題はないのですが、間違えて中のファイルを消してしまったり、上書きしてしまったりすると、OSが起動しなくなるなど、トラブルが起こる危険もあります。見えるようになってしまう原因は。ストレージの度重なる着脱によって「ドライブ文字」の設定がおかしくなってしまったことによります。つまり、ドライブ文字さえ修正してしまえばいいわけですね。

ドライブ文字を修正するには、「Windows+X」キー、もしくはスタートボタンを右クリックして「ディスクの管理」を起動。表示したくないドライブを右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」を選択して、ドライブ文字を削除してしまいましょう。

なお、ドライブ文字を消してもファイルは消えません。再びドライブ文字を割り当てれば、元のドライブとしてアクセスできるようになります。この技を応用すれば、少し手間ですが隠しドライブを作ることもできますよ。



▲いつの間にか見えるようになってしまった「システムで予約済み」というドライブ。害はないとはいえ、できれば見えなくしたいですよね。



▲スタートボタンを右クリックして「ディスク管理」を起動し、対象となるドライブを右クリック。「ドライブ文字とパスの変更」を選びます。



▲ドライブ文字を選択肢、削除ボタンを押しましょう。これで、ドライブとして見えなくなります。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?