ニューヨーカーに人気の、健康的で美味しい食材達【カヒミ カリィの Wherever I go】

写真拡大 (全4枚)

NYに引っ越した当時、毎日の食材を買い出しに行って驚いたのは、健康に関しての意識が高い人が意外にも多かったこと。普通のスーパーにも、オーガニックの発芽大豆の豆腐などが置いてあったり、粉物やナッツ、豆類のコーナーに行くとバリエーションが驚くほど豊富です。でもその一方、映画館に行ったりすると、子供たちが自分の顔と同じくらいのサイズのカップのポップコーンやコーラ、を注文していたりするのです。その振り幅の大きさは日本では考えられないなぁと、住んで4年半経った今でも時々不思議に思います。日本人の私にとって、やはり食材はNYよりも日本の方がいいなと思う事が多いのですが、最近は色々と食品店を巡っているうちに、NYの方が良いかも......?と感じることも増えてきました。アメリカは州によって随分違うと人から聞くのですが、NYは一番ヘルスコンシャスな街の一つなのではないかと思います。
今回は私がNYに住むようになってから使うようになった食材を紹介します!
まずは、ひよこ豆とそら豆のミックス粉です。小麦粉は全粒粉の方が血糖値の上昇速度が遅く、体に優しいと言われていますが、いつも全粒粉だとなんだか飽きてしまうことも。それで、時々パンケーキをこのひよこ豆と空豆のミックス粉で作ったりしています。最初、どんなレシピに合うのか知らなかったので、調べて見たところ、インドではクミンやターメリックなどを入れて作った"チーラ"というクレープを朝食に食べたり、フランスのニースではひよこ豆にオリーブオイルと水を入れて作ったフラットブレッド"ソッカ"というが名物で、チーズやちょっとして前菜を載せたりして頂いたりします。ひよこ豆は豆の中では糖質値は高い方ですが、GI値は低く美味しいので小麦粉の代用に合うなと思います。
その他によく使うのはフラックスシード粉で、水に漬けると粘りが出るので片栗粉の代わりに向いています。
そしてやはり豆なのですが、黒豆でできたパスタです。炭水化物を取り過ぎず、植物性のタンパク質を増やしたいので、このパスタはピッタリ。味は普通のパスタに比べてモッチリしている感じで玄米のパスタに近い食感です。冷たくするとボソボソするのですが、暖かいトマトソースや和風系のソースなど結構何にでも合うので気に入って使っています。
そして最近のお気に入りは"NuttZo"という7種類のナッツ&シードからできたペーストです。カシューナッツ、アーモンド、ブラジルナッツ、フラックスシード、チアシード、ヘーゼルナッツ、そしてパンプキンシード。このペーストの良いところは、とにかくすごーく美味しい上に、こういうナッツバターに入っているパーム油や添加物など私がなるべく避けているものが入っていないということ。これを焼きたてのフラットブレッドに少し乗せて頂くと、朝から本当に幸せな気持ちに!
この他にも、お気に入りのものは結構あるので、またいつか第二弾で紹介しますね。

>>「カヒミ カリィの Wherever I go」をもっと読みたい
・NYのアート本『ESOPUS』に一曲参加しました・キッチンは実験室。ぶどうから作る自家製天然酵母パン・ジョージア・オキーフの生き方、装いから学ぶ