出入りの激しい2日目となった松山英樹(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ザ・メモリアル・トーナメント 2日目◇2日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,392ヤード・パー72)>
米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」は第2ラウンドを行い、2アンダー13位タイからスタートした松山英樹は4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“74”でスコアを2つ落として、トータルイーブンパーでフィニッシュした。
衝撃…目がうつろなタイガー・ウッズの逮捕直後写真
INからスタートした松山は10番で6メートルを放り込んでバーディを先行させるも、16番のパー3ではティショットを池に落としてダブルボギーを叩くなどスコアを落とした。後半は1番パー4、5番パー5のバーディで盛り返したが、8番、9番と上がり連続ボギーフィニッシュでスコアを落とした。
1オーバーの48位から出た石川遼は4バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの“75”でトータル4オーバーフィニッシュ。INから出て11番ボギー、12番ダブルボギー、13番ボギーと序盤で立て続けにスコアを落としたことが響いた。ホールアウト時点ではカットラインに1打及ばない位置となっている。
池田勇太は3バーディ・4ボギー・1ダブルボギーでトータル9オーバーにスコアを落とし、予選落ちが確定的となった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山は?遼は?リーダーボードで順位をチェック!
松山英樹、11番の幸運で流れを変える「満足感というより奇跡的」
石川遼は初日48位、修正点はアイアンの距離感
池田勇太は出遅れ109位「もう最高にうまく行かない日」
ゴルファーの声がぞくぞく! ギアNAVIで最新情報をチェック