今秋の発売が見込まれる有機EL(OLED)搭載のiPhone8と見られる画像が、ネット上で公開されました。今回公開された複数の画像では、Touch IDが背面に配置されています。

中国のサイトに流出

中国のサイトに公開されていたものを、スペインの情報サイトiPhoneros.com経由で、米9to5Macが紹介しています。
 
画像は複数ありますが、ほとんどが背面を撮影したもので、Appleのロゴの下にTouch IDと思われるものが写っています。

Touch IDの位置は背面?それともフロント?

Touch IDの位置については、ディスプレイに埋め込まれるという説と背面に配置されるという説があります。背面配置説を裏付ける情報としては、これまでに設計図や図面、パワーポイント用ファイルを写した画像などがネット上に流出しています。
 
Appleは試作品を複数製作しているともいわれているため、現時点ではTouch IDを背面に配したものと、ディスプレイに埋め込んだものとの両方が存在している可能性もあります。
 
カメラレンズはこれまでの噂通り、縦に2個並んでいるようです。ただしLEDフラッシュはレンズにはさまれる形ではなく、下側に配置されています。フラッシュとレンズの間にはマイクがあるようです。

ディスプレイは曲面ではない?

ディスプレイ側を撮影した画像を見る限り、ベゼルは限りなく薄くなっているものの、サイドに回り込む曲面ディスプレイではありません。
 
先日、iPhone8関連のリーク情報を立て続けにツイートしているベンジャミン・ジェスキン氏が公開した画像とも、上部(スピーカーやマイク部分)のデザインが異なっています。
 

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)