「体重70キロ以上、身長165センチ以上、年齢25歳以下、顔立ちが整っていて、ウエストにはくびれがあり、首元はすっきり、大きな入れ墨がなく、写真写りのいい小顔」というような条件にあてはまる人がいたら、「ぽっちゃりモデル」になれる可能性がある。

写真拡大

「体重70キロ以上、身長165センチ以上、年齢25歳以下、顔立ちが整っていて、ウエストにはくびれがあり、首元はすっきり、大きな入れ墨がなく、写真写りのいい小顔」というような条件にあてはまる人がいたら、男女にかかわらず、たとえ太っていても、「ぽっちゃりモデル」になれる可能性がある。広州日報が伝えた。

【その他の写真】

中国では、ぽっちゃりモデルが新しい職業となりつつある。これは西洋ファッション業界の流行の影響だけではなく、中国のネットショッピングブームや海外ブランドの服のニーズが原因となっている。

珠江デルタ地域では女性服のEコマースや海外ブランドの服の販売が盛んなため、中国全国で最も業界経験豊富とされているぽっちゃりモデルたちが広州でその市場を形成している。そのうち、身長170センチ、体重85キロの「上級」のぽっちゃりモデルの時給は2000元(約3万2000円)を上回り、月収は7- 10万元(約113万-162万円)に達する。それに対して一般的なモデルの月収はせいぜい1万元(約16万円)程度だ。中国全土だけでなく世界から集まったぽっちゃり女子には大学生が多く、彼女たちは顔立ちが整っており、大学で学ぶ専門分野もさまざまで、英語や建築、対外貿易、音楽、美術、果ては外交などがある。彼女たちは全く新しいスタイルで青春や美しいファッションを楽しんでいる。

黄斐さん(33)は、太っていることは問題ではなく、人は太っている人に対して差別したり、からかったりするべきではないとしている。そのため彼女は、ダイエットサプリや、痩せている人と太っている人を比べる悪意あるCMの仕事は一切受けないのだという。

黄さんは小麦色の肌に、金髪で未婚、身長は160センチ、体重は75キロ以上というぽっちゃり女子。

生まれつき腕白だったため、黄さんは小さい頃から母親に体操クラブに参加させられ、試合には参加したことはなかったが、省の体操チームに所属していたという。黄さんは広州美術学院彫刻学部を卒業している。在学中はさまざまな芸術作品に触れる必要があったので、紹介状を手に中国全国をめぐり、ついでに各地のグルメも食べ尽くしたという。

エクササイズをかなりしたものの、彼女の「巨体」に変化は生じなかった。黄さんは大学卒業後すぐにスイミングを始めたが、肉付き豊かな肩は相変わらずで、脚は引き締まったものの、「こんがり小麦色」と茶化される肌色を手に入れただけだった。

黄さんは今ではぽっちゃりモデルのトップマネージャーとなっているが、それは単なる偶然にすぎないという。なぜなら彼女は早くからこの業界に身を投じており、その当時、ぽっちゃりモデルの業界自体は小さかったからだ。

当時広州、深セン、東莞では淘宝(タオバオ)によるぽっちゃり女子用ファッションのEコマースが盛んだった。黄さんは、「ぽっちゃり女子用のファッションは、もともと東莞市虎門鎮から始まったものだが、今では広州や深センがメインになっている。私は広州人だったので、ぽっちゃりモデルのマネージャーになったのはとても自然なことだった」と話した。

また、黄さんは、「1日数百元の収入になり、化粧してきれいにしてから、数パターンのポーズを決める。そのときにぽっちゃりモデルになれたのは顔型のおかげだと思う。私は太っていたけど、下あごがシャープで、全体的な顔立ちは悪くなかった。今では、広州の大人気のぽっちゃりモデルなら、1日で1-2万元(約16万-32万円)稼げる人もいる」と続けた。

ファッション業界と同じく、ぽっちゃりモデルも若いときにしかできない職業。その多くが大学生で、アルバイトとしてモデルの仕事をしているので、入れ替わりが激しい。何年かぽっちゃりモデルを務めて、その仕事が好きになった黄さんはマネージャーの仕事をすることを考え始め、会社を立ち上げて、自分の美的センスに従い、契約モデルを選ぶようになった。

ではぽっちゃり女子の基準とはあるのだろうか?黄さんは、「国内と海外でさまざまな基準が存在する。ある基準では、服が42号(XLサイズ)以上、または体重が身長の数値の0.8倍というもの。しかしなかには、身長170センチで、体重60キロの女性もクライアントにぽっちゃりモデルとして認められる場合もあり、見方はさまざま」と説明する。

黄さんがぽっちゃりモデルを選ぶときの基本条件は、「体重70キロ以上、身長165センチ以上、年齢25歳以下、顔立ちが整っていて、ウエストにはくびれがあり、首元はすっきり、大きな入れ墨がなく、写真写りのいい小顔」ということで、黄さんがマネジメントしているモデルたちの多くは170センチ以上だという。

また、黄さんは、「これは、太っている人にとって公平かどうかで決めたものではなく、この仕事のニーズに基づいて決めた条件。ぽっちゃりモデルもその見た目で良し悪しが決まる職業。モデルにも身長、体重、体型、容姿に対する要求があり、ただ太っているだけでぽっちゃりモデルになれるわけではない」とした。

現在、黄さんの会社には国内外の男女のぽっちゃりモデルが40人以上所属しており、出身は浙江省、山西省、河南省、ドイツ、メキシコ、ブラジル、ロシアなどさまざまだ。なかでも女性モデルが大多数を占めており、淘宝のショップをオープンしている人もいれば、フリーターもいるという。大学生や留学生も多く、学費を稼ぎたいという理由でモデルの仕事をしている。モデルたちが大学で学ぶ専門分野も国際貿易、英語、建築、コンピューター、音楽、美術などさまざまだ。(提供/人民網日本語版・編集YK)