ポルトガルの首都リスボン郊外で開催されたイベントで、映像を介してスピーチするエドワード・スノーデン容疑者(2017年5月30日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が米映画監督のオリバー・ストーン(Oliver Stone)氏のインタビューに応じ、米政府による大規模な情報収集活動を暴露した米国家安全保障局(NSA)元職員のエドワード・スノーデン(Edward Snowden)容疑者についての質問に、「反逆者ではない」と発言していることが明らかになった。

 インタビューの内容は「The Putin Interviews」というタイトルの番組で放送されることが決まっており、1日に公開されたダイジェスト版には、自動車を運転するプーチン氏に、ストーン氏が次々と質問を投げかけるシーンが収められている。

 旧ソ連・国家保安委員会(KGB)の職員だったプーチン氏に対してストーン氏は、米国史上最大級の情報漏えい事件を引き起こし、その後ロシアの保護を受けているスノーデン容疑者を軽蔑しているかとプーチン氏に尋ねた。

 これに対して後部座席に座る通訳を介し、ジェスチャーを交えながら答えたプーチン氏は、スノーデン容疑者が「反逆者ではない」と述べ、「自国の人びとに危害を加えるような情報は、一切他国に漏らしていない」と強調した。

 その一方で、スノーデン容疑者の行為に賛同できるかと問われると「できない」と答え、「私の意見としては、それは間違いだ」「求められた仕事について気に入らない部分があったのならば、単に辞職するべきだった」との考えを示した。

 プーチン氏はスノーデン容疑者が直面したような事態に遭遇したことはないとしつつも、1991年にKGBを辞めた理由について、旧ソ連政府の行動、および当時の指導者ミハイル・ゴルバチョフ(Mikhail Gorbachev)氏に対する「クーデターの試み」に賛同できず、「当時の情報機関の一員としてはとどまりたくなかった」ためだと語った。

 今回のインタビュー番組は米ケーブルテレビ局ショータイム(Showtime)で12日から放送される。一方、スノーデン容疑者をモデルに、ストーン氏が手掛けた映画も昨年公開されている。
【翻訳編集】AFPBB News