張本智和【写真:Getty Images】

写真拡大

世界選手権16強入り、ITTFがユニークに連日速報…張本のサムアップ写真掲載

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は2日、男子シングルス3回戦で史上最年少で日本代表に選ばれた13歳・張本智和(エリートアカデミー)が世界ランキング100位の21歳、廖振テイ(台湾)を4-0のストレートで下し、16強入りを果たした。前日の2回戦で日本のエース・水谷隼に下剋上を果たしていた天才少年の快進撃は止まらず。国際卓球連盟(ITTF)は驚きをもって速報した。

 張本は台湾の実力者を寄せ付けず、張本は圧巻の完勝で準々決勝に駒を進めた。

 ITTFは水谷から大金星を挙げた前日に続き、すぐさま13歳の連日の躍進を速報。公式インスタグラムでは、世界のファンと驚きを共有するかのように、ユニークな問いかけを投稿した。

「もし、あなたが13歳で世界選手権16強進出を決めた最年少選手となったら何をする?」

 張本の16強進出が大会史上最年少であることを伝え、さらに続けた。

前日の水谷撃破に続き連日速報…試合を重ねるごとに高まる注目度

「もちろん、自撮りをするよね!」

 このようにつづり、試合後にカメラ目線でサムアップポーズを決める天才少年の写真を掲載。世界のファンに張本の戦いぶりを紹介している。

 ITTFは前日の水谷戦の試合後には「衝撃の番狂わせ」「恐れることなく、ハイパー・アグレッシブなスタイルがハリモトを引き上げた」と速報していたが、注目の大きさを表すかのようにこの日も伝え、さらに「トモカズ・ハリモト」の名は広まった。

 年齢ばかりがクローズアップされるが、前日には「卓球には年齢は関係ありません」と語ったという13歳。注目度は試合を重ねるごとに上がっていく。