出典:Nosh

好きな男性とLINEをしているときは、楽しくていつまででも話していたいような気分になりますよね。

ただ、そんなときに上手にアピールもできたりすれば、男性もあなたのことが気になる存在になってくるはずですよ。

そこで今回は、好きな男にさりげなくアピールできるLINEテクを紹介します。

 

■「心配」のメッセージを送る

男性がちょっと落ち込んでいたり、元気がなさそうに見えたときは、帰宅してから心配のLINEを送ってあげるといいです。

「今日なんだか元気なかったけど大丈夫?」なんて言われたら、男性は確実にドキッとするでしょう。

元気がないことを心配してくれることももちろんうれしいですが、それに気づいてくれていたことに何よりも喜びを感じます。「俺のこと見ていてくれるんだな」と、思わずあなたのことを意識してしまう瞬間でもありますよ。

 

■「好き」という単語を入れる

好きだという気持ちを伝えることは大事ですが、いくらLINEとはいえ、いきなり好きだというのはさすがに難しいですよね。そんなときは、「好き」という単語をそれとなく入れて文章を書くといいでしょう。

「○○くんのそういうところ好きだな」とか「そういう人、好きだな」などと、間接的にでも「好き」という単語を送ってあげると、男心をかなり揺さぶれます。ストレートに好きだと言われたわけではないのに、なんだか告白をされたかのようなドキドキが味わえるはずですよ。

 

■あえて「あとで褒める」

すぐにその場で褒めてしまうよりも、あとからLINEで褒めてあげた方が、男性の心に深く突き刺さる可能性も高いです。わざわざあとから言うことで、上辺ではなく本気でそう思って言ってくれている感じがするもの。

「今日の洋服カッコ良かったよ」とか「さっきの会議、勉強になりました」なんて、あとからLINEで送ってあげると、喜びも倍増するはずです。

LINEだと文字でも残るので、口頭で言われるよりも重みが増したりもしますよ。

 

■「またLINEしてもいい?」と聞く

LINEで会話をした際に、最後に「またLINEしてもいいかな?」とさりげなく聞くと、男性はキュンとなるはずです。「また話したい」という気持ちが伝わるので、好意もそれとなく感じてくれることでしょう。

自分に好意を持ってくれている女性のことは、男性も気になるようになってくるもの。今度はいつLINEが来るのかと、男性の方が待ち遠しくなったりしちゃう可能性もあるでしょう。

あまり長話はせず、でも最後に「また話したい」という気持ちを伝えるのがポイントですよ。

 

LINEでさりげなく上手にアピールすることができれば、ふたりの関係性も少しずつ変わってくるものです。少しずつ距離を縮めるのにも、LINEはかなり役に立ってくれるはずですよ。

【関連記事】

※ 「心配をしてくれた…キュン♡」あざと可愛いLINEで男心をつかめ!

※ 毎日LINE送り過ぎ?「すぐに別れるカップル」に共通する4つの特徴

※ リアルタイムで報告っ…!「好きすぎて」無意識に送っちゃうLINE

※ 褒めてその気にさせる!「カラダ目当て」な男が送るお誘いLINE

※ いきなり彼女ヅラ?アラサー男がドン引きした女子の勘違いLINE

※ これ、いつ終わるんだよ…男に実は嫌がられているダメLINE