プロがオススメ!地味色モーヴでハッと目を引くオフィスメイク

写真拡大

マンネリになりがちなオフィスメイク。定番のブラウンシャドーも良いけれど、なんだかちょっと地味になりがち⁉︎ かといって、ブルーやオレンジカラーのアイシャドーだとオフィスにはトゥーマッチだし……。

オフィスでは“一見地味かな?”と思ったとしても落ち着いた印象を出した方が知的に見えて印象が良いもの。ブラウンに飽きた時には、そこに赤みが加わったモーヴカラーで甘さもプラスして“出来るオンナ”を演出しましょう。

そこで今回は、プロのヘアメイクとして年間1,000人以上の女性を美しく変身させている筆者が“地味色モーヴでハッと目を引くオフィスメイク”をご紹介します。

■ハイライトでまぶたのくすみを飛ばす

     まずは、まぶたの上全体にハイライトを置きましょう。

白浮きするから…とこの手順を省くと、もともとがくすみカラーのモーヴですので余計に目元が疲れて見えます。

ポイントは、まぶたの上にきちんと色のメリハリを付ける事。

まぶた全体が明るくツヤが出る位にしっかりとハイライトシャドーを置いたら、色のキワを指で軽くこすってぼかしましょう。そうすることで、素肌からハイライトへのグラデーションが出来て白浮きを防ぐことが出来ます。

■アイホールにモーヴカラーで甘さをオン

ハイライトカラーでまぶたのくすみを飛ばしたら、次はアイホール(眼球の窪み)にモーヴカラーを置きましょう。

この時、目元の形でシャドーの置き方が違うので注意! 二重・奥二重まぶたさんは目尻側1/3程度、一重まぶたさんは目のキワから半分位までアイホール全体に置きます。

ポイントは、目を開けたままシャドーを置いていくこと。

目を閉じたまま片方ずつアイメイクをしていくと、意外と見える部分にシャドーが置かれていないもの。

正面に鏡を持ち、目を開いた状態でアイホールのシャドーを置く位置を確認してから内側を塗りこむと失敗せずに出来ますよ。

■ブラウンカラーで引き締める

単色のグラデーションだとどうしても目元が軽くなりがちに。甘さを際立てるためにも、目のキワはしっかりと引き締めておきたいもの。

そこでオススメは“こげ茶”程のダークブラウンシャドー。

アイラインがわりに細く目のキワに引いてあげることで、自然な陰影が出来て奥行きが生まれます。もちろん、マットな質感のものをチョイスしてくださいね。

いかがでしたか? いつものブラウンにちょっと赤みが足されるだけでも、目元はグッと女性らしく見えます。上手に地味色を使いこなして、オフィスでも魅力的に見せてくださいね。

  

プロがオススメ!地味色モーヴでハッと目を引くオフィスメイクはWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

古賀真知子

メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」