誰だって、彼の自分に対する気持ちはなえてほしくないですよね? でも、気をつけないとあなたのたった一言で彼を冷めさせてしまうかもしれません! いくら素直や正直が自分の売りだといっても、なんでもかんでも口にすればいいわけではないですし、女友だちは共感してくれても男性にはNGということも多々あります。
今回は、そんな彼に対してNGな会話パターンについてご紹介します。

1. 人の悪口は絶対にNG

人のウワサ話をネタにすること自体、恥ずかしいことだと思いますが、けっこう彼にベラベラと女友だちの悪口を言う方が多いようで、うんざりしているというのを聞いたことがあります。人の悪口を口にしてる方の表情をよく見たことがありますか? 明らかにみにくい表情をしています。自分がそういう表情をしていたら嫌だと思いませんか? ましてやそんな表情を彼には見せたくないですよね。

2. 単調な言葉の連発はNG

最近よく聞く「ヤバくない?」とか「すごっ」「まじかわいい」などの単調な言葉を繰り返すクセがある方は、意識して直さないと「頭が弱いのかな」と思われてしまいます。
彼と一緒にいるときに、なにも無理して盛り上げ役をやる必要はないのですから、そういった言葉を連発するのではなく、「こういうところがすごいよね!」とか、「そういうところがかわいいよね!」など具体的に感じたことを伝えるようにしましょう。彼が一番最初にあなたに話したかったかもしれないのに、彼女に最初に伝えなくてもいいやと思われてしまわないようにしましょう。

3. 元彼ネタは基本NG

彼の気を引くためであったり、かりにそうでないとしても、元彼ネタというのは基本NGです。男性はとにかくデリケートで、それが過去のものであったとしても闘争心が芽生えるのが普通です。また彼自身が優位に立っていることを確認したいがために、過去のことを根掘り葉掘り聞かれたとしても、きちんと答えずにはぐらかす方が無難なくらいです。
ですから、自分から話を振るなんてもってのほかです。くれぐれもご注意を。

4. 汚い言葉使いはNG

学生時代は多少男子と同じような口調で話したとしても許されてきましたが、社会人になっても汚い言葉使いをする女性はどうかと思います。顔がかわいくても許されることではありません。言葉遣いが汚くて幻滅してしまうことは珍しい話ではないので、勢いで言わないよう気をつけましょう。

いかがでしたか? 思い当たる点はありませんでしたか? これらは意識すればやめられることですから、とり返しがつかなくなる前に改善しましょう。逆にこれらのパターンに気をつけることで、相手に好印象を与えて恋に落ちることもあるのですからあなどれません。彼の気持ちがいつまでも、あなただけに向いているように努めてくださいね!