1
image: 小暮ひさのり


見どころ満載。

トヨタブースの電気自動車体験、不思議なIoTけん玉、運動神経が試される次世代乗り物など。東京ビッグサイトで開催の東京おもちゃショー2017では、さまざまなおもちゃに遭遇しました。

しかし、見どころはそれだけではありません。ギズモードが思わず童心に帰って遊んでしまった、注目?のおもちゃたちをどうぞ。


C.C.P:オモチャの新定番、VRモード対応ドローン


image: 小暮ひさのり


まずは、C.C.Pブース。超小型のカメラ付きドローン「リアルライブテトラル」。スマホで操作できて、しかもカメラの映像をリアルタイムにスマホで確認可能。トイドローンながら、かなり本格的ですね。Wi-Fiが混雑している会場でも、比較的安定して映像を見ることができましたし、ラグも少なめ。


image: 小暮ひさのり


スマホからのコントロールやVRモードへも対応。VRグラスを用意すればドローン目線で立体的に飛行を楽しむことができます。200g以下なので、気軽に遊べるのが良いですね!


セガトイズ:映像にリアルタイム合成が楽しめる女子向けガジェット


image: ギズモード・ジャパン


時代はiPodではなく、「MePod」。セガブースで見かけた子ども向けのスマホ?風ガジェット。付属タッチペンでさまざまなアプリを操作でき、しかもカメラ内蔵で写真も撮れて、独自の無線通信で写真を周囲のMePodへ送ることができます。


image: ギズモード・ジャパン


人物を捉えると、リアルタイムにさまざまなスタンプなどを合成するといった、某女子に大人気カメラアプリのようなことも。サンプル機は巨大スクリーンに繋がっているので、ぜひ可愛いポーズで周囲にアピールしましょう。


セガトイズ:天体好きの定番、家庭向けプラネタリム


image: ギズモード・ジャパン


家庭用プラネタリム「ホームスター」シリーズにも注目ですね。『スター・ウォーズ』コラボの「R2-D2」モデルや、7月27日発売予定の「BB-8」モデルなどが展示されています。


image: 小暮ひさのり


同じく発売前の「君の名は。」モデルもありますよ。どんな映像が見られるのか? というのはぜひ現地で。


タカラトミー:リアリティ+1、蒸気の出るきかんしゃトーマス


image: ギズモード・ジャパン


「きかんしゃトーマス 蒸気がシュッシュ!トーマスセット」ではトーマスに給水機構が加わり、よりリアル機関車に近づきました。給水器から水を補充すると、トーマスのやる気がアップするそうですよ。


image: 小暮ひさのり


トーマスブースはまさにトーマスだらけのガツンとした自己主張を行なっており、広いタカラトミーブースの中でも目立つ存在です。穏やかな顔で水蒸気を吹き上げる「トーマスビッグマウンテン」がいい味を出しています。


タカラトミー:光で色が変わる不思議な髪質になったリカちゃん


image: ギズモード・ジャパン


リカちゃん新シリーズ「キラチェンリカちゃん」は、特殊なLEDを当てることで、髪の毛の色が変わります。これまでも温度で色が変わるといったフィギュアはありましたが、「光」というのはテック感マシマシ。思わず真剣に説明を聞き入ってしまいました。


image: ギズモード・ジャパン


また、最近のリカちゃんは普段の移動にセグウェイを愛用しているようです。我々の世界よりも、すこし未来の存在みたいですね。


その他、思わず遊んじゃったおもちゃたち


image: 小暮ひさのり


流行りのハンドスピナーは複数のブースで見ることができました。中には、13分回るという国産ベアリングを利用したハンドスピナーも。このとき、初めてハンドスピナーを手にして回してみたのですが、僕にはいまいちその面白さが伝わってきません。ひょっとしたら遊び方が間違っているのかもしれない。

出展ブースの方に「これはどういう目的で遊ぶものですか?」と訪ねてみたところ「何もありません」というシンプルな答えが帰ってきました。「なるほど」。僕はそうつぶやいて、指の上でシュルシュルと回るスピナーをしばらく見つめていることしかできませんでした。


image: 小暮ひさのり


シュルシュルシュルシュル……
シュルシュルシュルシュル……


image: 小暮ひさのり


透明な筒に詰め込まれた大量のスライム!

思わず手を突っ込んだものの、そのまま絡みつかれ、にっちもさっちもいかない編集部松井の手。スライムはそれぞれ粘度が異なるものがディスプレイされており、どの粘度が最強か?をひたすら議論しました。結論としては「紫」です。みなさんスライムを見かけたら「紫」のヤツに手を突っ込んでみてください。


image: 小暮ひさのり


バンダイの「想像ガレリア ロボット兵」。『天空の城ラピュタ』に登場するロボット兵が緻密に再現されています。その出来は素晴らしいものがありました。


image: ギズモード・ジャパン


群れると怖い。


image: ギズモード・ジャパン


この他にも、ウルトラマンブースでは次期ウルトラマン『ウルトラマンジード』の人物大フィギュアが展示されていたり、プリキュアブースではさまざまなプリキュアグッズが展示されていたり、妖怪ウォッチブースでは色々なアイテムがずらり! バンダイブースは子どもへの引力が凄そうですね……。

「東京おもちゃショー 2017」は、大人も子どももみんなで楽しめるイベントなので、この週末はぜひ家族で東京ビックサイトへ。一般公開は6月3日(土)〜6月4日(日)、入場無料です。

・危険すぎるハンドスピナーの間違った遊び方

image: ギズモード・ジャパン, 小暮ひさのり
source: 東京おもちゃショー, C.C.P, セガトイズ, タカラトミー, バンダイ

(小暮ひさのり)