出典:https://www.shutterstock.com

ケンカや浮気など恋愛する上で、どうしても揉め事はつきもの。そこで今回は数秘術を用いて、あなたが恋愛トラブルを回避するにはどうすれば良いかをみてみましょう。

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

(例)1980年3月14日→生まれ年1+9+8+0=18、1+8=9、生まれ月の3はそのまま、生まれ日1+4=5、全部合わせて9+3+5=17、1+7=8、よって1980年3月14日生まれの人のナンバーは“8”です。

 

■1・8のタイプ…思い込みから相手を責めない

ナンバー1・8のあなたは、思い込みが激しく少し気が短いところがトラブルのもとになりがち。彼の言葉を誤解して、ひとりでヒステリックにならないように、まず落ち着いて話を聞くようにしましょう。1の人は、何でも思い通りにしようとしないことが大切。相手のペースを理解してあげて。8のあなたは、すぐに怒らずに気長になることを意識してみて。相手が萎縮してしまいます。

 

■2・9のタイプ…自分さえ我慢すれば良いと思わない

ナンバー2・9のあなたは、恋愛トラブルが起きると「自分が悪いんだ」と思い込んでしまうところが。その結果、自分さえ我慢すれば円満でいられると思ってしまうみたいです。でも、それを続けているといつか限界がきてしまうと言えます。2の人は、我慢しすぎるクセを直さないと彼の言いなりになってしまいそう。9の人は、何でも受け入れすぎないように。ストレスを溜めすぎるとある日突然、心がポキッと折れてしまいます。

 

■3・5・6のタイプ…いい加減なことやウソを言わない

ナンバー3・5・6のあなたは、サービス精神が旺盛すぎて相手にウソを言ってしまう傾向があるようです。また、楽天的な性格のため、相手からすると“いい加減”だと捉えられることも。3の人は、言葉を大切にしてみて。彼を傷つけるのではなく癒すように。5の人は、他の異性との距離が近すぎるかも。浮気されていると誤解されないように気をつけて。6の人は、テンションにかなり波があるようです。気分で相手を振り回さないように気をつけて。

 

■4・7のタイプ…頑固にならず素直になってみて

ナンバー4・7のあなたは、自分自身のスタイルや価値観にかなりこだわるところが。かなりの頑固者でマイルールを彼に押し付けがちなようです。それを喜んでくれる相手なら良いのですが、そうでなければ衝突は避けられないと言えます。4の人は、生真面目な性格が恋愛ではアダになりがち。もう少し柔軟性を持って。7のあなたは自分の世界に閉じこもってしまうところが。もう少し彼といろんなことを“共有”してみましょう。

 

生年月日には、古くからその人固有のパワーが宿っていると信じられてきました。そして、そこから様々なことを知ることができるとされたため、自分の生年月日を教えることは、弱点を晒すことに等しいとまで言われたそうです。そんな生年月日占いを上手に活用して、自分自身や相手のことをもっと深くまで知ってみてはいかがでしょうか。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ Khoroshunova Olga/shutterstock

【関連記事】

※ 第一印象でフィーリングが合う相性【生年月日占い】

※ あなたの結婚時期はいつごろ?【生年月日占い】

※ 気になる彼との相性がわかる【生年月日占い】

※ あなたの出会い運は?【生年月日占い】

※ 気になる彼との恋の行方は?【生年月日占い】