Photo by cinemacafe.net

写真拡大

1日(現地時間)、「指輪物語」シリーズの著書J.R.R.トールキンの最新作「Beren and Lúthien」(原題)が発売された。トールキンが第一次世界大戦のソンムの戦いから帰還した1916年から1917年に書かれたものだという。最後に出版された作品「The Children of Húrin」(原題)から10周年を記念しての発売となった。
編集はトールキンの息子で現在92歳のクリストファー、イラストは「指輪物語」の表紙や映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでコンセプトアートデザイナーを務めたアラン・リーが手掛けている。

内容はトールキンの著書「シルマリルの物語」にも登場する人間のベレンとエルフのルーシエンの恋と冒険を描いた物語。中つ国の歴史の中で“第一紀”にあたる時代で、「指輪物語」から約6,500年前を舞台に展開する。

トールキン研究のスペシャリスト・ジョン・ガースは、この物語はトールキンが妻のエディスからインスピレーションを受けて書いたものだと「BBC News」に語っている。2人で森を散歩中、エディスは白い花に囲まれて踊った。その姿に喜んだトールキンは、物語のキーとなるシーンにも反映させたとジョンは考えているようだ。

オックスフォードの墓地に眠るトールキンとエディスの墓石には、ベレンとルーシエンの名前も刻まれている。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
『ホビット』のピーター・ジャクソン監督、SF小説「移動都市」映画化に動く
【NZホビット・ツアー】“女子会”にオススメ! デトックスな旅…ニュージーランド
【インタビュー】『ホビット』イアン・マッケランが明かす「ガンダルフはまた戻ってくるかも」
イアン・マッケラン、『ハリポタ』ダンブルドア役を断った理由とは?
「ハリポタと呪いの子」、オリヴィエ賞史上最多9部門受賞で圧勝!