さりげなくが大事!好きな人と上手にLINEを交換する方法3選

写真拡大

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

好きな人がいるけれどなかなかLINEが交換できない…と悩んでいる男性たち。
「LINEを交換しよう」と訊いて「え?なんで?」と言われてしまえば、一生語り継がれるかもしれない心の傷を背負うことにもなりかねません。

そこで“別にすごく交換したいワケじゃないけど、とりあえず交換しとけば便利じゃね?”的なナチュラルにLINEを交換する方法を伝授します。

●(1)相手に“面倒”と思わせない

『合コンで会ったどうでもいい男性とそもそもLINE交換する時間が面倒くさい。適当に断ったら1秒で終わるのに、交換の流れになると時間がかかるためそれすら苦痛』(27歳/アパレル)

LINE交換の鉄則!“LINE交換をスムーズにいかせるように最初から自分のLINE交換テクニックをあげておく”こと。
“LINE交換のテクニックってなんぞや?”となりそうですが、とにかく相手に面倒をかけないことです。

「LINE交換しよう」と言って、LINEのIDすら自分で把握してなくモタモタ……では「いや、今日は大丈夫です!」とその間に逃げられてしまう可能性も。
相手に逃げる隙を与えないようにLINE交換に求められるものは“スピーディーさ”。
お互い簡単なのはふるふる、またはQRコードで相手に追加してもらうor追加されることですが、ふるふるとQRコードは「それはやり方がわからないんです(汗)」という女性も多数います。

ということでベストウェイは自分で相手のスマホを全部操作して友達に追加する です。
「LINE交換しよ?」ともう聞くこともなく「LINE入れとくね!スマホかして!」とにこやかに相手のスマホを操作しちゃえば断るのも不可能に。

達人の域になると目にもとまらぬスピードで自分のIDを相手のスマホに打ち込み友達にしてくれるので相手はボーッとみているだけ、と数秒でLINE交換終了という神業も。
あまりにも慣れた手つきだと逆に遊んでそうと思われるためそこは加減は必要です。

また主流のIDで交換する方法を使う場合はIDはカッコいいものより、覚えやすく打ち込みが簡単なものの方が有利です。

●(2)ガツガツしたらダメ

『LINE交換はあくまで“自然を装う”ことが大事。その女性のLINEを知りたくて聞いているのをあからさまに出すと相手が嫌がる理由を与えてしまうことになる』(31歳/美容師)

しかしどんなにLINE交換のテクニックを磨いても、そもそも相手が「LINE交換はちょっと…」とスマホをだすのさえためらえばそのテクニックを披露する場もありませんよね。
LINE交換を渋っている女性に効果的なのはいかにもついで感を醸し出すこと 。

たとえば合コンの場合は、まずは話がしやすそうな本命じゃない子とLINE交換をして、それから本命の方に“いや、これはついでなんで…”という雰囲気をだしながら教えて欲しいと頼むことがポイント。
全ての連絡先交換で大切なことは、“自然な流れとガツガツしてない感”なのです。

会ってイキナリ「LINEを交換しましょう!!」なんて9割断られますが、話もそこそこ弾めば、帰り際でLINE交換という行為自体は自然の流れであります。
帰り際のLINE交換自体がほとんどの合コンや出会いの場では社交辞令のようなものにもなっていますので、下心があろうがなかろうが“交換するのが当たり前”のような風潮に。

焦って最初の方に聞こうとするのは自分で自分の首を絞めることにつながります。

●(3)グループでつながる

『写真を送るよとか、グループ作ろうとかカジュアルな感じでLINE交換すると大抵は断られない』(29歳/会社員)

そうは言ってもガードがかたい女性はやはり興味がない男性にLINEのIDすら教えたくないもの。
またモテる女性の場合だと、これ以上友達を増やしたくないと言った理由でLINEの交換には慎重です。
その場合はその場でグループを作ってそこでとりあえずつながっておく というのも一つの手段。

とりあえずつながりを保っておくことで可能性を残すことは大事。
相手の警戒心を解くことはLINE交換では意識しないといけないこと。
下心を見破られてしまうと、相手も騙された気分になってしまうので「今彼女探していて、誰か紹介して欲しいから交換して欲しい…」という理由も下心を感じさせないという点ではアリな嘘ではあります。

“交換した時点では何の感情もなかったけど、やりとりしていたウチに好きになってしまった”というストーリーに持っていければベター。

----------

たかがLINEの交換などとあなどってはいけません。
その場で交換しなければ、自分の人生にその人が二度と関わってこなくなる可能性だってあるからつながりや縁のこわいところ…。

少しでもいいなと感じた女性にはなにがなんでもLINE交換はしておきましょうね。
しかしその後すぐにブロックされたら、もう脈は0ということで諦めましょう。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)