画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アスクは2日、Fractal Design製のPCケースとして、ミドルタワー型の「Focus G」と、ミニタワー型の「Focus G Mini」の2モデルを発表した。メッシュ加工のフロントパネルを採用し、前面にホワイトLEDの120mmファン×2基を備える。6月9日から発売し、税別価格はFocus Gが8,880円、Focus G Miniが8,580円。

○Focus G

メッシュ加工のフロントパネルを搭載するミドルタワー型ATX PCケース。価格は8,880円(税別)。前面にホワイトLEDの120mmファン×2基を標準で搭載している。搭載可能なファン数は、前面に140mm(120mm)×2基、背面に120mm×1基、上面に120mm×2基、底面に120mm×1基。水冷ラジエーターは最大280mmサイズのものを内蔵可能。

搭載ベイ数は、外部5.25インチベイ×2基、内部3.5インチ/2.5インチ共用ベイ×2基、内部2.5インチベイ×1基で、前面/上面/底面には取り外し可能なダクトフィルターも装備する。マザーボードベース部の裏側には、ケーブルマネージメント用の専用スペースも用意。

そのほか主な仕様は、拡張スロット数が7基、拡張カードスペースが最大380mmまで、CPUクーラーの高さは最大165mmまで。搭載できる電源の奥行きは最大230mmまで。外部インタフェース類はUSB 3.0×1基、USB 2.0×1、マイク×1、ヘッドホン×1。本体サイズはW205×D464×H444mm、重量は4.5kg。対応フォームファクタはATX / マイクロATX / Mini-ITX。

○Focus G Mini

「Focus G Mini」は、マイクロATX対応のミニタワー型モデル。価格は8,580円(税別)。高さが低くなっていることから、拡張スロットが4基までとなっている。

前面にホワイトLEDの120mmファン×2基を標準で搭載し、搭載可能ファン数は前面に140mm×1基(120mm×2基)、背面に120mm×1基、上面に120mm×2基、底面に120mm×1基。水冷ラジエーターは最大240mmサイズのものを内蔵可能。本体サイズはW205×D464×H383mm、重量は4.1kg。対応フォームファクタはマイクロATX / Mini-ITX。その他の仕様はほぼ共通。