“入隊中”チョン・イル、高齢者のために200万円寄付「分け合うことの喜びを知った」

写真拡大 (全2枚)

俳優チョン・イルが微笑ましい寄付で関心を集めている。

現在、社会服務要員として服務している俳優チョン・イルが、自身が務めている瑞草洞(ソチョドン) 所在の区立瑞草療養センターに2000万ウォン(約200万円) を寄付した。同センターは認知症・中風など高齢者に多い疾患を患う高齢者約200人が治療を受けている施設だ。

普段から韓国国内外で様々なボランティア活動、寄付金の募金など恵まれない人々のためのチャリティー文化に関心の高いチョン・イルは、区立瑞草療養センターで務め、分け合うことの喜びを知るようになったと伝え、恵まれない高齢者をサポートしたいと寄付の意思を伝えた。

チョン・イルは3月の社会服務要員職務教育の際に、模範要員(学生長) として選定され、表彰されるなど他の社会服務要員の手本となっている。

チョ・ウニ瑞草区役所長は「チョン・イル社会服務要員は、強い責任感とボランティア精神を持って服務している。召集解除後も、社会の恵まれない人々を後援する他の模範となる芸能人になってほしい」と伝えた。

チョン・イルはMBC「思いっきりハイキック!」でデビューし、各種ドラマ、映画、演劇などで着実に活動してきた。過去に遭った交通事故の後遺症で代替服務の判定を受け、昨年12月に社会服務要員として入隊した。今年1月から区立瑞草療養センターで高齢者の食事、教育、医療活動を手伝っている。