2日、韓国・東亜日報によると、韓国の国立慶州博物館が、太平洋戦争終戦直後に日本人から押収した所蔵文化財約2600点について真偽鑑定を行うことを決めた。資料写真。

写真拡大

2017年6月2日、韓国・東亜日報によると、韓国の国立慶州(キョンジュ)博物館が、太平洋戦争終戦直後に日本人から押収した所蔵文化財約2600点について真偽鑑定を行うことを決めた。こうした文化財の1点であった「中国北魏時代の仏像」が、日本の朝鮮半島統治期に作られた複製品であることがこのほど判明したためだ。

同館によると、終戦直後に押収した香椎源太郎コレクションのうち北魏の仏像の成分分析を行ったところ、複製品であることが確認された。同像の光背の裏面には「正光6年(525年)6月10日に北京に暮らすソン・ギョンコン夫婦が弥勒仏像の1体をつくる」などの明文があり、本物は明らかに「1体」のはずだが、同じ形の「北魏の仏像」とされる像は同像を含め少なくともこれまで中韓両国で3体発見されているという。そして本物の所在は現在不明だ。

また一方、同館が最近入手した1931年の「考古学関係資料模型目録」から、当時、日本の「上野製作所」が教育・展示用に韓国や中国、日本の文化財約400点を精密に複製していたことが分かった。このうち韓国の文化財は、高麗時代の青銅器など計17点、53点と調査されたという。

複製は当時、京都帝国大学の濱田耕作教授の提案の下で行われたというが、同館の学芸研究士は複製の意図について、「韓国の歴史の独自性を傷つけ、日本の植民史観を強化する目的もあった」と分析している。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「本物は日本人が隠し持ってるんだろう」「盗みに複製までしてたとは、良心のかけらもない」「さすがパクリが好きな日本人。日本書紀だって百済書記をそのままパクったものだしね」などといった怒りや疑いの声、また「日本は韓国がなかったらどうなってたんだろう?何から何まで盗み取ってばかり…韓国が日本を育ててやったんだな」と哀れむようなコメントが寄せられている。

しかし一方で、「そんな文化財があるんだな、くらいに思えばいいじゃないか。本物とか偽物とか、別に大きな意味はない。世界の美術館に行ったって、どうせ偽物見物するようなもんだよ」と冷めた声や、「朝鮮にその複製品を作る技術が果たしてあっただろうか?」「韓国の博物館は、文化財を入手した時に真贋(しんがん)を確かめないの?」といった素朴な疑問もあった。(翻訳・編集/吉金)