写真提供:「いつだって最高の友達」実行委員会

写真拡大

写真提供:「いつだって最高の友達」実行委員会

【画像】MONSTA Xの会見の写真を一覧で見る

韓国出身のボーイズグループ、MYNAMEのセヨンと大国男児のカラムが6月1日、東京・表参道にて行われた舞台『いつだって最高の友達』の制作記者会見に登壇した。

高校時代の同級生というふたりは、タイトル通りの“最高の友達”。会見の間も、10年来の親友らしい絶妙な掛け合いを披露した。

まず冒頭、カラムがタイトルの略を「いつとも」に命名したことを発表すると、「“いつ・さ・とも”がいいんじゃない?」と提案するセヨン。そして、カラムが「シンジ、ショージ、ひろしという幼なじみ3人組の物語。ひろしがある女性を連れてきたところから始まるコメディ的な舞台です」と、流ちょうな日本語で説明すると、セヨンは「(カラムは)日本語うますぎて気持ち悪いですね。(外国人なんだから)かわいく間違えることもあったほうがいいよ」とアドバイス(?)。会見開始5分で、しっかりもののカラムとちゃちゃを入れるセヨンというふたりの関係性を見せた。

セヨンのキャスティングには、実はカラムが一役買ったそうで、「ベストフレンドを描く内容ということで、一番に思い付いたのがセヨンだったんです。それで、セヨンに『やってみない?』とラブコールを送りました。毎日電話しましたね(笑)」とカラム。セヨンが「カラムがいるからやろうと思いました。一番の親友と一緒に仕事をするという機会はなかなかないので」というと、誇らしげな顔を見せていた。

写真提供:「いつだって最高の友達」実行委員会

そして、話題はふたりの友情話に。高校時代のセヨンについて聞かれたカラムは、「セヨンはヤンキーっぽい子とも物静かな子とも、みんな仲良くて。それがうらやましかったです」とニッコリ。だが「僕は、授業中居眠りとかしないようにしているのに、セヨンは爆睡していました」と暴露し、笑いを誘った。

カラムの暴露はこれで終わらなかった。「僕の家で遊んだ時、時間が遅くなったので『寝ていけば?』と言ったら、『オレは自分の家でしか寝れないんだ』って格好つけていうんです。それでも心配なので僕の部屋に無理やり寝かせたら、14時間も寝て! 次の日、起きてくるなり『カラムのベッド、最高だな』とか言ってたんです」。これにはセヨンもタジタジ。「いやぁ、カラムの部屋は真っ暗で、ベッドもものすごく良くて……」と気まずそうだった。

しかし、お互いにとって“どんな友達”なのかをたずねられると、カラムは「自分が持っていないものをすべて持ってる。憧れの存在で、僕の人生に必要な人間です」とセヨンをベタボメ。セヨンも「僕からしたら、僕が持っていないものを(カラムは)すべて持ってる。空気が読むのが早くて、一緒にいてすごく楽なんです。お互いわがままだけどなんかしっくりくるし」と答え、お互いに対する愛情(?)をアピールしていた。

この日は、スペシャルサポーターも登場。出てきたのはキムタク……と思いきや、キムタク風の(?)カツラをかぶった物まね芸人のホリ。「本物だと思ってよーく見たらちょっと違った!」と笑うセヨンに、「ちょっとじゃねーよ。だいぶちげーよ」とキムタクの物まねで答えるホリ。その後、8つの物まねを披露したが、韓国人のふたりにとってはどれも見慣れないものだったようで、ポカン顔。すると、ホリは「新大久保で笑わない人はいない」という“新大久保限定”のテッパン顔芸「MCモン」を披露。ふたりもこれには大喜び。特にセヨンは「韓国でもウケます!」と太鼓判を押していた。

フォトセッションでは、ふたり仲良く肩を組む場面も。照れ隠しなのか「なんかきもいね(笑)」とセヨン。そう言いながらも、とても嬉しそうなセヨンの姿がほほえましかった。

最後は「皆さんのお金がもったいなくないようにがんばります」(セヨン)「オール韓国人キャストなので稽古も大変だと思いますが、温かい目で見ていただければと思います」(カラム)と、それぞれ舞台への意気込みを語ったふたり。息ピッタリの姿に、ミュージカルへの期待もより一層高まった会見だった。

舞台『いつだって最高の友達』は、7月1日(土)から9日(日)まで新宿シアターモリエールにて上演。ふたりのほかに、元BEESHUFFLEのミンスと元Apeaceのチャンウ、カン・ハンナの出演が決まっている。