2日、北京青年報によると、「世界最大のガラス展望台」を宣伝する中国北京市平谷区の景勝地・石林峡景区にパクリ疑惑が持ち上がっている。

写真拡大

2017年6月2日、北京青年報によると、「世界最大のガラス展望台」を宣伝する中国北京市平谷区の景勝地・石林峡景区にパクリ疑惑が持ち上がっている。

現地を訪れた女性観光客が「最初見た時に違和感があった」と話すのは、山頂展望台に置かれた高さ1.8メートルほどの像だ。頭部は十二支に登場する動物、胴体は人間の体で、「衣服は奇妙、ポーズは大げさ」ながら、世界的に知られた観光スポット・円明園(北京市)にある「十二生肖獣首像」にそっくりだと指摘している。さらに似ているのは、像が口から水を噴き出す点。女性によると、多くの観光客が争うように記念写真を撮っていたという。

この問題について同景区の関係者らは「設計段階では円明園の像を参考にしたが、全くの模倣ではない。デザイナーは自身のアイデアを取り入れている」と説明するも、円明園文物研究家の劉陽(リウ・ヤン)氏は「ほぼコピー版と言える。円明園の像の価値を貶めるもので非常にふさわしくない。円明園に来たことがない観光客が誤解してしまう」と指摘する。十二生肖獣首像のパクリ版は過去にも中国各地に登場しており、円明園管理処は「まだ状況を把握していないが、調査を進める」との考えを示した。(翻訳・編集/野谷)