パク・シネ側、悪質な書き込みをしたネットユーザーに告訴状を提出…事務所がコメント(全文)

写真拡大

女優パク・シネが悪質な書き込みをしたネットユーザーに告訴状を提出し、強硬対応を示唆した。

パク・シネの所属事務所S.A.L.Tエンターテインメントは本日(2日)、公式ホームページを通じて「当社は女優パク・シネに対して継続的なセクハラ、悪意の誹謗および虚偽の事実に基づいた掲示物を繰り返し掲示してきた、一部の悪質な書き込みをしたネットユーザーに対して、法律代理人を選任して法的対応を始めました」とし、「2日午前、ソウル中央地検に告訴状を提出しました」と明らかにした。

所属事務所は被告訴人に対して、「過去数年間にわたり、ポータルサイトとオンラインコミュニティなどを通して、パク・シネに対する過度なセクハラ、悪意の誹謗および虚偽の事実に基づいた掲示物を悪意の意図を持って繰り返し掲示してきました」と説明した。

【公式コメント全文】

こんにちは。S.A.L.Tエンターテインメントです。

5月に公示した継続的な悪意の書き込みをしたネットユーザーに関連した法的対応の進行事項をお知らせします。

1次公示したように、当社は女優パク・シネに対して継続的なセクハラ、悪意の誹謗および虚偽の事実に基づいた掲示物を繰り返し掲示してきた一部の悪質な書き込みをしたネットユーザーに対して、法律代理人を選任して法的対応を始めました。これに対し、5月10日に提出した1次PDFファイルの資料に加え、5月11日〜5月28日に追加でアップロードされた資料を含め検討を終え、6月2日午前にソウル中央地検に告訴状を提出しました。彼らは過去数年間にわたり、ポータルサイトとオンラインコミュニティなどを通してパク・シネに対する過度なセクハラ、悪意の誹謗および虚偽の事実に基づいた掲示物を悪意の意図を持って繰り返し掲示してきました。

これまで世間の大きな関心と、感謝するほどのあふれる愛を受けている女優なので、このような掲示文もやはり一定部分は甘受しなければならない立場だと考えて、法的な対応を自制してきました。しかし数回にわたる要請にもかかわらず、匿名による悪質な掲示文の程度がますます高まり、アーティストはもちろん、これを見守ってきたファンの方々もやはり、大きな傷と苦痛を受けました。これに対し、セクハラと虚偽の事実の程度、繰り返される掲示回数が深刻な一部作成者の場合、法的な措置が避けられない状況だと判断しました。

法律代理人と相談して、これまで送ってくださった、あるいは会社が目撃した内容の中で、(1)最も罪の質が悪く、(2)長時間にかけて継続的で繰り返しのセクハラおよび悪意の意図の掲示文を作成してきた一部作成者に対して、6月2日に告訴状を受け付け、彼らが正当な代価を払えるように厳正な対応をする予定です。公人ではあるが、一人の“人”でもある所属アーティストの保護、私たちの中の誰かが対象になり得るセクハラおよび悪意の掲示文に対する被害防止、そして健全なインターネット文化の定着のために、今後も虚偽の事実の流布、および悪意の掲示物とコメント作成者に対する強力な対応を継続します。

常に黙々と女優パク・シネを見守って下さって、あふれる愛を送ってくださる、そしてより良い方向に進めるように、批判と助言をしてくださる多くの方々に、深い感謝の挨拶を申し上げます。ありがとうございます。